3件のコメント

カボチャとフェタチーズのサラダ

普段なら、日曜日の晩となるとどうも「一抹の哀しさ」がともなうものだが、今日は違う。土曜日が「オーストラリア・ディー」(建国記念日)だったので、月曜日は代休なのだ。ばんざーい。つまり、わたしの仕事始めは火曜日から。

今日も37℃まで気温が上がり、なんだか火を使うのがめんどくさい。そういうときには、黙っていても勝手に調理してくれるオーブンの出番だ。

カボチャをぶつ切りにして百八十度のオーブンで20分ぐらいロースト、その間に昨日買っておいたサラダを洗う。水菜やコスレタス、その他色々な形のベビーリーフをひとつかみ。ドレッシングは、バージンオリーブオイル、バルサミコ酢、そしてディジョンの粒マスタード、塩コショウで味をととのえただけ。
余談だが、このドレッシング作りにはジャムなどの空き瓶が便利だ。材料をすべて入れて蓋をし、食卓でカシャカシャと振ってかければいい。日本で「ドレッシングメーカー」として売っている品を見かけたが、なあんだ、原理は同じだった。

大皿にサラダを敷き、その上からカボチャ、そしてフェタチーズをまぶす。結構ボリュームのあるサラダなので、あまり食欲がないときにはこれだけで十分だ。まだほんのりと温かいカボチャがとても甘くて、きりりとしたドレッシングによく似合う。

3件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    gabyさんの「オーストラリア・ディー」(建国記念日)に反応します。
    今を去ること三十年前の1978年。ぼくらを乗せた運輸省航海訓練所の汽船「青雲丸」は一路パースの外港フリーマントルを目指しておりました。
    東京商船大学卒業前の遠洋航海実習です。
    「オーストラリア・ディー」(建国記念日)の数日前に無事に到着。
    初めての外国、初めての南半球、初めての……、全てが初めての体験でまるで昨日のことのように鮮明に覚えてます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    休暇をとりましょう。(笑)
    この猛暑が終わるころの4月末、またはワイルドフラワーの9月、西オーストラリアは旅行シーズンです。いかがですか、ちょうど30年ぶりのパース!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    なるほど、瓶でシェークして食卓に出せばいいんですね。素晴らしいアイデア!今度瓶は捨てずにとっておきます。
    私も最近バルサミコ&ディジョンの組み合わせにはまっています。これにハチミツを加えることもあります。がびさんのサラダにインスピレーションを受けたので、今日は郊外のマーケットで野菜を買いこんでこようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA