鶏ささみと長ネギのおろし炒め

日系スーパーマーケットに行くと、米が山積みされているところで「新米」のスティッカーが目立つ。こちらで作られている米で、タイ米だけではなく「あきたこまち」なんて銘柄の日本米もある。迷わずこれ。タイ米は、オーストラリアでもスーパーで買えるので。パースにも日本米があるにはあるが、品数は限られている。
こういうものを買っちゃったら、今日は懐かしの和食でしょう。

とは言うものの、あと一日でバンコクを立ってしまうのだから、米以外は冷蔵庫の整理となった。

鶏ささみは下味をつけてから軽く片栗粉をふり、そのままフライパンで焼く。両面焼き色がついたら、ニンニクとショウガの薄切りを加え、いい香りがしてきたら今度は長ネギのそぎ切りを加える。さっと混ぜ合わせ、酒、醤油、砂糖をぽんぽんと加えたら、また水溶き片栗粉を少々流しいれてとろみをつける。あとは大量に残っていた大根をすりおろしてさっと混ぜて火を止めた。大根は刺身を買ったときにツマ用に買ったのだが、使っても使ってもまだ半分以上残っていた。今日は大根おろしと味噌汁の具に使って、やっと冷蔵庫から消えてくれた。

さて、昨日のポテトサラダも添えてご飯はぴかぴかの新米だ。ささみはとてもやわらかく仕上がったし、さっぱりと大根おろしがからんで食が進む。和食が食べたくなっても素材に苦労しないのが、さすが日本人の多いバンコクの便利なところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA