ライムチキン、かぼちゃと麦のリゾット添え

lime_chickenこのところ、近くにあるマーケットにちょいと根をつめて通っている。
スーパーと言うにはあまりに貧弱だし、ごちゃごちゃしているし、乳製品は「申し訳程度に」小さな冷蔵庫に詰められているだけ。代わって、幅をきかせているのが雑穀・豆・ナッツや乾物類だ。大きな袋ごと床に置かれ、そこから好きなだけ小さなスコップでビニール袋に入れる。以前、街のど真ん中に住んでいたときにも、こんな感じのギリシア系乾物屋に通いつめたことがある。
違うのは、ここには新鮮な野菜や果物も売っているということだ。とびきり新鮮なのは、一度土曜日の朝早く行ったときに、わかった。様々なレストランのコックさんと思しきひとたちが、たくさん買い物に来ていたからだ。彼らは皆一様に白黒の小さな格子柄のズボンを履いているので、どんなに普通のシャツを羽織っていても必ずわかる。レストランは違ってもこれだけは同じだから、たぶんコックとしてのユニフォームなのだろう。買い物はもちろん箱単位だし、吟味する態度も真剣だ。
ここは「マーケット」と言うだけあって、日曜日も開いている。
週末に遠くの市場に出かけなくても、ここに来れば、新鮮な野菜とどんなに少量でも売ってくれるグラム売りの乾物が手に入る。ホント、便利なことこの上ない。
さて今回買ったのは、麦をふたつかみほど。そして、野菜売り場で、ライム、かぼちゃ、赤ピーマンにショウガ。
麦なんて、今の日本ではレストランの「麦とろ」料理で食べるくらいだろう。こちらではスープに入っていたりするが、やはり日本とドッコイドッコイの頻度だ。
軽くてサッパリしているから、そのまま炊くだけではつまらない。山芋もないし、ねえ。
だから、かぼちゃを入れてリゾット風に。
小さな玉ねぎを半分くらいとショウガをひとかけ、みじん切り。あとは麦をカップに1杯少々、そしてその三倍くらいのチキンブイヨンを加えて、全て大鍋に入れ、沸騰したらかきまぜて火を弱めたら、あとは蓋をして時々かきまぜるだけ。面倒を見ながら、20分ぐらいか。かぼちゃは、サイコロに切って、あとから足した。さらに、20分ぐらい。最後に、細切れにした赤ピーマンを混ぜた。
リゾットを作っている間に、今度は鶏の胸肉だ。ライムの皮のみじん切り、たっぷりとジュースを絞ったところに漬けて10分ぐらい。あんまり時間をかけると、身がきゅんと引き締まりすぎてしまうので、注意。
今回は「健康」に行きたかったので、コショウをがりがりと引いて、あとは塩をほんの少しぱらぱらとかけただけだ。
そのまま180度のオーブンで、10分ほど焼いた。
日本では芯の残るゴハンはあまり歓迎されないが、リゾットは別だ。ほんのちょっと芯が残るくらいでないと、リゾットにならない。ただし、フツウのリゾットはたっぷりバターで炒めた米を「煮て」いるから、結構カロリーたっぷりの食事だ。今回は、かぼちゃの甘みと麦のぷちぷちとした触感も楽しめる、胃にもやさしいリゾットができあがった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA