海老と芽キャベツのシンプルホットサラダ

芽キャベツは、こちらオーストラリアではブラッセル・スプラウト(Brussel Sprouts)と言う。

スイスにいたときにもよく肉のつけ合わせに出てきたが、わたしはこれがあまり好きではなかった。ぐつぐつと茹でてたっぷりとバターとキャラウェイシードをまぶしたそれは、「完膚なきまで」ぐちゃぐちゃに柔らかい。まあ、芽キャベツだけではなく、ヨーロッパではどの野菜もこんな感じで歯ごたえがなく、もちろん原型も留めていない。有名どころは違うのかもしれないが、普通の家庭やまた近所のオジサンオバサンたちが集まるビストロ系レストランは、皆こんな感じだった。
だからパースで初めて季節モノの芽キャベツを見たときにも、表面がとろとろとくずれかかっているような調理後の映像がアタマをかすめたものだ。こちらの芽キャベツは、ステーキやらなにやらと同じようにデカイ。ゴルフボールほどもあるし、何故か色も濃い緑色だ。

20051030

茹でるときには、あまりにも大きいものは半分に切ったほうがいい。
たっぷりの湯に塩をふたつまみほど入れ、ぐらぐらと煮立っているところで五分ほど。その間にドレッシングを作る。ドレッシングと言ったって、たかがヴァージン・オリーブオイルとバルサミコ酢を同量混ぜて、塩コショウしただけだ。ここにさっと湯を切った芽キャベツを熱いまま加えて、混ぜ合わせる。

フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクと唐辛子のスライスを入れて香りが出たら、下ごしらえしておいた海老を入れて炒める。海老はぷりぷりしているほうが美味しいので、じっと覗きこみながら色がだんだん変わって半透明になるのを待つ。味付けは、これまた塩をぱらぱら、のみ。

この海老を深皿の芽キャベツの上にざざっとかけて、出来上がり。
芽キャベツは苦いし匂いがあるからキライというひともいるが、このシンプルなドレッシングをからめた温かいヤツは、きりりとした歯ごたえも楽しくていくらでも食べられてしまう。
もっとこってりさせたいときは、オーブントースターでかりかりにしたベーコンを振りかけても美味しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA