2件のコメント

ヒース・レッジャーの死

ヒース・レッジャーが突然ニューヨークのアパートで死亡したことは、記憶にも新しいと思う。彼がオーストラリアのパース出身だったため、どの新聞を開いても、どのテレビのスイッチをつけても、彼のニュースが飛び込んでくる。

そして、死因を調査していた結果が最近出た。処方されていた薬の複数摂取が原因だったという。CNNのエンタメ・サイトにはその薬の名前が詳しく出ていたが、睡眠薬、鎮痛剤、精神安定剤など、実に六種類もの薬が処方されていたのだった。それら複数の薬を大量に服用したわけではなく、それら全てを一度に服用したことが彼の死につながったらしい。

彼の実父は「処方された薬物の複数摂取の危険をもっと重視するべきだ」というコメントを残しているが、リストされた薬物はそれぞれ二種類ずつの睡眠薬、鎮痛剤、精神安定剤だ。これらが全て、ひとりの医者から一度に処方されたとは考えにくい。だとすれば、ヒース・レッジャーが自ら複数の医者に出向いて入手したか、あるいは非合法的な手段で手に入れたと見るべきだろう。これを一般的な危険と考えるには、少々無理があるように思う。

美貌と金と才能に恵まれ、幸運でもあると思われたひとたちが、蓋を開けてみれば薬漬けだったことがわかる。わたしたち一般人には考えられないほどの、そして手に入れることのできないほどの量だ。
彼は、果たして何から逃げたかったのだろうか。

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ん〜〜^^;(汗)
    処方された薬物の複数摂取の危険をもっと重視するべきって意見には
    大賛成なんですけど。。。ひとりの医者ではなく、ひとつの総合病院
    からって事なら、ヒース・レッジャーの死の件では其れ位は多くない
    かと。^^;(爆汗)
    ちなみに。。。私の交通事故後遺症及び派生した病気のケースでは、
    複数の科に掛かっているので。。。できる限り通院先を限定しており、
    薬物の副作用問題対策で、現在の日本の病院の指針に反して基本は
    院内処方にしてもらっています。^^;
    風邪などを引いた時近くの個人病院に掛かる事もあるので、
    薬リストを作ってあるから、Upしてみますか?^^;(爆汗)
    塩酸モルヒネ錠10mg (1日3錠迄/疼痛時)
    ケタラール シロップ (1回3ml〜/疼痛時)
    ボルタレン錠 25mg (2錠〜/疼痛時)
    ムコスタ錠 100mg (夕食後:1錠)
    ナウゼリン錠 10mg (毎食前:1錠)
    マグミット錠 330mg (毎食後:1錠)
    プルゼニド錠 12mg (就寝時:2錠)
    マイスリー 5mg (就寝時:1錠)
    リドカイン軟膏 (適時)
    カプサイシン軟膏 (適時)
    インドメタシンパップ (適時)
    MS温シップ (適時)
    ベイスンOD錠 0.3mg (毎食前:1錠)
    アクトス錠 15mg (朝食後:1錠)
    アムロジン錠 2.5mg (朝食後:1錠)
    テノーミン錠 50mg (朝食後:1錠)
    ベザトールSR錠 200mg (朝・夕食後:1錠)
    プレミネント錠 62.5mg (朝食後:1錠)
    アレロック錠5mg (朝・夕食後:1錠)
    トレドミン 25mg (毎食後:1錠)
    エビリファイ錠 6mg (朝食後:2錠)
    ジェイゾロフト錠 50mg (夕食後:1錠)
    と、現在服薬しているのはこんなリストになりますぅ〜〜(T_T)/(泣)
    これでもドクタに薬を減らしたいと交渉し、10種類以上の薬を削ってです。
    交通事故後遺症を患ったり、余病を併発すると。。。
    日本ではかなり簡単に「一般的な危険」となりそうですよ。^^;
    美貌も金も才能も無い、さらには幸運も無い私も薬漬け。。。(__;)/
    つ、辛すぎるかも。。。(T_T)/

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ひでさん、こんばんは。
    何だかものすごい量の薬ですね。。。ビックリ。
    米国の制度はどうなんでしょうね。
    オーストラリアでは、ハウスドクター(家族全員そこでかかる一般のマチ医者です)の推薦状がないと、専門医には会うことができません。つまり、日本のように総合病院に個人で直接行くことはできないんです。一般医が診てから、専門医にかかるだけの必要性があるかどうかを判断されるわけです。
    アメリカも同じなら、クリニックで最初にチェックされているでしょうね。そして、どの医者(名前つきです、もちろん)にかからなければならないかも。
    ということは、クリニックの一般医から総合病院に行って、そこで色々な医者から色々な薬をもらうということが不可能なんです。どの医者に行かなければならないか、を推薦状というカタチで総合病院に提出しなければならないからです。そして、総合病院では、コンピューターのIDから、どの科に行ったか、またはどの科にかかったことがあるかもチェックされます。
    だから、ヒースレッジャーの場合は、もうこれは総合病院ではないですね。どちらにしても、あの手の有名人たちは総合病院なんか行きませんから。
    ですから、色々な個人クリニックを回って手に入れたか、もしくは非合法に手に入れたかのどちらかだと思ったのです。
    ひでさんの場合は、事故の後遺症で仕方なくこんなにたくさんの薬を使用しなければならないのだから、大変ですね。お察し申し上げます。。。がんばってくださいねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA