お嫁さんになりたい、兵役に行きたくない

行きつけの美容院がフランチャイズ第一号店を出した。車で五分とかからない場所なので、本店を裏切って顧客のわたしも移ってきてしまった。

「忙しいときには、頼んで出張してもらうんです」と言うだけあって、見慣れたタイ人の男の子の顔がある。本店で、シャンプーやカラーの手伝いをしている子だ。可愛い子で鉛筆のように痩せている。仕草も話す態度も柔らかいのだが、いかにせん手と足だけはデカイ。女性用のヒールサンダルを履いていても、カカトが5センチくらい出ちゃっているのだ。
「本人ものすっごく気にしているんで、あまり触れないようにしてるんです」とわたしの担当の日本人美容師が言う。

「いつかお嫁さんになりたい」そうで、日夜自分を磨くこと(美容と料理)にはげんでいるのだが、もうそろそろ兵役の召集状が来るのが大きな悩みだ。タイでは一応全男子に兵役の義務があるのだ。ただ、勉学のためだとか健康のためだとかの理由で、免除になるひとたちも多い。性的趣向はその範疇にはいらないのかと思ったら、どうやら「精神に異常がある」というマコトに不名誉な理由で入隊を免除されるらしい。
「でも、ゲイだからという理由だけじゃだめなんです。証明しなきゃならないんです」
髪を的確にすばやく切りながら、美容師の女性がわたしのアタマの上でささやく。くだんの男の子は隣の席の周りをきれいに掃除している。

「たとえばですね、シリコンいれて胸がぼい〜んと大きいとか、オトコの印をちょん切ってしまっているとか、ホルモン注射して体型が変わっちゃっているとか、そんな明らかな証拠が必要ってことです」
へえ。
「**ちゃんは、ちょん切るのもぼい〜んもイヤなので、お金貯めて少しの間女性ホルモンを打ってもらおうかと思っているそうです」
なるほど。

もちろん、彼らは同性に性的興味があるわけだから、軍隊のような「オトコの世界」に投げ入れてしまうのは少々無理かもしれない。わたしが長く住んでいたスイスでは、予想される様々な問題のため、「ゲイであること」は立派な兵役辞退の理由となる。「精神に異常がある」とはされない。しかし、日常生活ではまだまだゲイに対する偏見がはびこっていた。

ゲイだろうがストレイトだろうが、女装しようが男装しようが、あまり気にしないのがここタイの日常だ。ノドボトケのとびでた「女性」販売員が、わたしにピッタリの口紅を選んでくれるし、腰に鍵をじゃらじゃらとつけた「男性」エンジニアが、甲高い声で話しながら車の整備をしてくれる。夜の世界の仕事だけではなく、昼間のごく普通の仕事についているひとたちのほうがむしろ多いくらいだから、驚くことでもない。

そんなタイなのに、兵役の免除のための理由となったらいきなり「精神に異常がある」と断罪しちゃうのはずいぶんだなあ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA