たかがナンバープレート、されど。。。

こちらの民放テレビは、日本と同じようにコマーシャルが多い。平均すれば15分置きにコマーシャルに切り替わるようだ。映画の場合は、トイレに行ったり飲 み物をとりに行ったりという時間がとれるかもしれないが、基本的にはオリジナルカットを放映するため、2時間のフィルムが2時間半になる。そしてゴールデ ンアワーのショーなどになると、ひどいときには5分置きにコマーシャルがはいり、ウンザリすることもある。
日本と違うのは、そのコマーシャルの時間帯に、ニュースのダイジェストと天気予報がはいることだ。30分に一度くらいだろうか。これは意外に重宝である。明日の天気がわかるし、ダイジェストのトピックスをもっと詳しく知りたいときには、その後のニュース番組を待てばよい。

さ きほどそのダイジェストニュースを見ていたら、シドニーのオークションの話が出た。NSW2という車のナンバープレートが、なんと60万ドル(約4000 万円)で落札されたというのだ。NSWは、シドニーのあるニューサウスウェールズ州の略、その2番目のプレートというオリジナルで、貴重なものである。 4000万円で落札したこのプレートを、この男性は自分の車にくっつけて走るのだろうか。それとも、応接間に飾っておくのか。いずれにしても、こんな使い 方でもしなければ、金が余って仕方がないほどリッチなひとって本当にいるんだなあ。

写真は、豪州ワイルドフラワーのひとつ、「ボトルブラ シ」。形が瓶やコップを洗う細長いブラシに似ているので、そう名づけられたらしい。真紅の大きな花を沢山つけた木々は、道端の街路樹として西豪州至る所で 見られる。カラフルな野鳥たちが蜜を好むことから、この木を裏庭に植えるうちも多い。春の天気のよい日には、真っ青な空に映えて、ことのほか美しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA