いや「百円ショップ」って楽しいですね

大型の100円ショップなるものが実家近くの商店街にできたのは知っていたが、中に入ってみたのは今回が初めてだ。
広い店内のものがなんと全て100円! とは思えないほどの品質と品揃えに、気がついたら山のように買いこんでいた。住んでいるひとたちはもう珍しくもなんともないのだろうが、外国からたまに 戻ってくるわたしには大変新鮮である。確か5-6年前からとても小さなそれらのショップがあったことは記憶しているが、「初めての一人暮し」または「新婚 生活」に必要なものが全て買えるような店ではなかった。
昔なら、100円という値段を聞いただけで「安かろう悪かろう」で消費者のほうが鼻もひっかけなかったに違いないが、時代は変わってしまったようだ。確かに庶民の通う店、居酒屋、小売店などは、数年前に比べると段々と安価なものを提供するようになってきている。

来 学期からパースの公立学校でまた教鞭をとることになっているので、お弁当用具一式をそこで購入した。今までは現地で買った普通のタッパーウェアで間に合わ せていたのだが、どうも底が深すぎて間が抜けている。「わ、なんてカワイラシイのを買ったのっ」と妹に笑われたが、実用性は高いのだ。ふん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA