ダルキースの Café des délices

二週間に一度やってくる1時間目と5時間目しかない日。つまり真ん中の9時35分から2時25分まで授業がない。家に帰ってもいいのだが、往復で1時間以上かかる道のりを考えるとどうも気が乗らない。だが学校にいればどうしても働いてしまうし、何かしら用事が入ってくる。

そう言えば、なんだか素敵なフランス風カフェがあったなあと思いだした。ここで朝ゴハンなんてのもいいかもしれない。学校からなら車で7−8分の距離だ。
大雨の日で残念だったが、なんとか駐車スポットも見つけてカフェに滑り込んだ。雨さえ降っていなければ外に座るのもいいなと思ったが、やはり今日は誰も座っていない。

エッグ・ベネディクトはベーコンかスモークサーモン(追加料金)が選べる。サワーブレッドにホウレンソウが敷いてあり、スモークサーモンがたっぷり。その上にはポーチドエッグがふたつ。そして、オランデーズソースがかかっている。珈琲はすでにミルクたっぷりのフラットホワイトを学校で飲んでいたので、ロングブラックにした。エスプレッソ1杯分にお湯を同じ分量足した珈琲だ。そこにミルクを小さなピッチャーで添えてもらった。

周りを見ると、新聞を読んでいる中年男性やおしゃべりに余念がない奥様方やベビーカーをそのまま隣に置いて携帯電話を覗いている若い女性。この地域は高級住宅街だけあってこんな素敵な店がひっそりと隠れていて、訪れるひとびとの服装もオシャレだ。

支払いを済ませると、隣のショーケースには美味しそうなペストリーやサンドイッチが沢山。後ろにはフランス風のどっしりとした田舎パンや外側がパリパリのバゲットなどが並んでいる。わたしの目がもうショーケースから離れないのを見て、感じの良い店員が微笑みながら「何かおやつをお包みしましょうか」と訊いてくる。「いや、今日はもうお腹がいっぱいだからまたの機会に」と言って店をあとにした。
密かに「朝ゴハンのクロワッサンをここで買って学校に行ってもいいな」だの「また時間が空いたら今度はランチもしたいね」だの「パンをここで買って帰ってもいいな」だのと考えながら。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA