サーモンのカルパッチョ

軽いのが幸いだったけれど、また車の事故があり(まだ立ち直っていないのでそのことについてはまたのちほど)少々気が滅入っているので、サーモンの刺身を買ってきた。これでとびきり良い白ワインを開けちゃうんだ。まだ火曜日だってのにいいのか、という声が聞こえてきそうだがかまわない。

こちらで売られているタスマニア産鮭は天然ではなく養殖なので、寄生虫アニサキスは存在しない。だから日本と違い、平気で刺身で食べられるわけだ。ただし「刺身用、生食用」として売ってはいるけれど、日本の塩鮭の切り身の3倍ぐらい、「自分で切れ」と言わんばかり大きさである。

それを半分に切ってひとつずつジップロックの小袋に入れ、冷凍。3時間ぐらいで薄く切れるくらいになるので、紙のように薄く(難しいが)なんとか切り、それを皿に並べる。ケイパーを散らす。

醤油、米酢、オリーブオイルを各2としたら、そこに練りワサビ1を放り込み、一気に混ぜ合わせ、小口切りにしたチャイブを加える。それをサーモンの上からそっとかけて、最後にルッコラの葉を大量に載せてできあがり。サーモンの匂いがまだ気になるひとのために、ライムかレモンのかけらを載せておく。

もうおわかりだと思うが、これはわたしがよく前菜として出す料理で、大して芸があるわけでもない。でも、新鮮な刺身サーモンをつかってワサビ醤油ドレッシングをかけるだけで、なるほど和風カルパッチョになってしまうんだ。ソースが美味しくて、ルッコラをもう少し足してサラダ風に食べた。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA