エアルームトマトのサラダにチキンとマッシュルームのオーブン焼き

日曜日は恒例となった近くのファーマーズ・マーケットへ。ここは以前はしなびた露店が10軒もあればいいほうだったマーケットだが、市が「これじゃいけねぇ」と思ったらしく、今年から規模を大きくして新鮮な野菜や果物などの店を増やしたら大当たり。毎週野菜を買いに行くのが楽しみになったひとも多い。もちろんわたしもそのひとり。

今回は「来週からはトマトもやるからね」という店に直行したら、おお、あった。この無骨で醜くて形もマチマチで、スーパーじゃとてもじゃないが売れないような形のトマトが。

これはエアルーム・トマト(Heirloom Tomato)と言って、交配を繰り返した改良品種ではなく固定種と呼ばれる。つまり何世代も同じ育成過程を経て作り続けられる品種だ。たくさん作れるわけでもなく、赤くなってから収穫するのでスーパーに大量に卸せるわけでもない。だから、こうしたマーケットで細々と売るほうが多い。

昔ながらの青臭いトマトの香りと肉厚の甘い果肉が楽しめるので、こればかりはスライスしてバージンオリーブオイルとバルサミコ酢を振りかけ、最後にパルミジャーノ・レッジャーノのチーズとバジルを載せるだけだ。

これだけはどんなに食べても食べ足りない。スーパーのトマトなんか実際食べられたものではないのだ。

さて、そのトマトをつまみながらもうひとつのメインの料理を作る。まずフライパンにオリーブオイルを熱し、皮を剥いたエシャロットを半分に切り、マッシュルームも大きいものは半分にして中火で炒める。どちらもしんなりしたら、ニンニクのスライスを加え、タラゴンを茎ごと放り込み、チキンコンソメスープのキューブと水を入れ、ついでにシェリー酒をたらす。一気に沸騰したら火を止めてオーブンロースト用の深皿に。

次に同じフライパンに油を足してから、骨付き鶏もも肉に塩コショウし、両面焼き色ををつけて同じ深皿に加える。そのまま、アルミホイルでぴっちり蓋をしてから180度に熱したオーブンで30分。アルミホイルをはずして15分。フレッシュなタラゴンを散らしてできあがりだ。

おっと、その間にこれまたマーケットで買ったジャガイモを同じオーブンで30分ほどローストした。

熱いうちにハフハフと頬張り、甘いトマトで口中をさっぱりさせ、また今度は熱いジャガイモでハフハフと…ああ、美味しい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA