ホタテとズッキーニのスパゲッティーで「嫌なこと」を忘れよう

学校で「とても嫌なこと」があったので、白ワインを飲んでいる。北イタリアのピノ・グリージョTiefenbrunner(ティフェンブルナー)だ。
ついでに前菜として生ハムも食べている。生のパスタを作りながら。

あとは酔っ払わないうちにこれを帆立貝とズッキーニのスパゲッティーにしなきゃねえと考えたが、まだ5時だったのでもう少しワインを注ぐ。

6時まで待ったらもういい加減イイキモチになってしまったが、それでも包丁を使ってニンニクとチリを切り刻み、大鍋に湯を沸かす。フライパンにオリーブオイルをたっぷり熱し、ニンニクとチリを炒める。いい香りだ。

その間に、ズッキーニをスライスしてから細切りに。ニンニクを焦がさないように、香りが強くなったフライパンに加える。塩コショウをパラパラと。

混ぜている間に別のフライパンを熱して、ほんの少しのオリーブオイルで塩コショウした帆立貝を両面しっかりと焼く。そして、もう1杯ワインを注ぐ。いや、フライパンにではなくわたしのグラスに。

そしてグラグラと煮立った湯にスパゲッティーを入れて、大体3分ぐらい。生パスタだから、アルデンテになるのは早いのだ。
その間に帆立貝をズッキーニのフライパンに入れ、ざっと炒める。スパゲッティーを茹でている鍋からコップ1杯の茹で汁を入れるのを忘れないように。これでソースがねっとりするのだから。

ここに茹で上がったスパゲッティーと大量のイタリアンパセリいを全部入れて混ぜ合わせると…できあがりだ。

ホタテがぷりぷりとしていて美味しい。こんなふうに作れる即席スパゲッティーも軽くていいもの。

嫌なことがあったら、美味しい酒を飲んで美味しいゴハンを食べて寝てしまうに限る。これが1番。
朝になれば少し忘れているから。明日の晩になればもっと忘れているから。そして、1週間たったらもう過去のことになっている。

だからあまり愚痴は言わない。何十年も生きていれば「嫌なこと」も沢山経験してきたけれど、愚痴は語ることによってもう一度体験する「嫌なこと」だからだ。それよりは、明日あるかもしれない「楽しいこと」を考えるほうがいい。

今晩は美味しいパスタと香りのいいピノ・グリージョでお腹いっぱい、ほんのりといい気持ちのままぐっすりと寝たい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA