エカマイのThe Accidental Butcherで美しいポークチョップを買う

前から気になっていたエカマイの肉屋。いきなり住宅街のど真ん中にぽつんとできたときには一体なぜこんなところに、とビックリしたものだ。よく通る路なのでいつか行こうと思いながらはや数年。

そのうちに噂を聞くようになった。こちらに住んでいる西洋人たちがよくここで肉を買っているというのだ。オーナーはオーストラリア人のホンモノの肉屋、スティーブ・クレイグだ。

オーストラリア産のビーフもラムも一通り揃っていて和牛まである。チキンとポークはタイ産だが、品質は最高のものを誇っていると言う。ソーセイジは自家製でこれも美味しそうだったけれど、今回は取りあえず「こんなに美しく処理されたコトレットはタイでは見たことがない」と思わず手が出てしまった豚の骨付き背肉、ポークチョップを買った。

ジャガイモがまだ残っていたので、付け合せはマッシュポテトと冷凍のベジタブルミックスだ。あまり時間をかけたくない、という魂胆がありありとうかがえる晩ゴハン…。

買ってきたばかりのポークチョップはまだ冷たいので、そのまましばらくキッチンで常温に戻す。その間にマッシュポテト用のジャガイモを茹でる。こればかりは冷水から茹でるので時間がかかる。40分ぐらいか。

小さな鍋には牛乳を1カップぐらい注ぎ、潰したニンニクのかけらを数個放り込み、フレッシュなタイム(はオーストラリア自宅の庭にしかないので、今回はスパイス瓶のローズマリー)とベイリーフ(これも見つからなかったので取りあえずいれていないが)を混ぜ、最後にオリーブオイルをたらりと足してから火にかける。沸騰したら冷ましてスパイス類をミルクで煎じる。
わたしはマッシュポテトにはバターもクリームも使わない。それよりは軽く煎じた牛乳ミックスのほうがはるかに胃に優しいからだ。ここに塩を味をみながら加えたらマッシュポテトの用意万端整った。

書き忘れたが、ジャガイモは必ず皮付きのまま茹でること。水っぽくなってしまうからだ。皮を剥くときに多少「あちちち」となるが、フォークとナイフでするりと剥けるのでご心配なく。

その間にはすでにフライパンにオリーブオイルをたらし、塩コショウにハーブ・スパイスを混ぜてポークチョップを両面ちょっと焦げるくらいに焼いている。2分ずつぐらいだろうか。その後は熱しておいたオーブンで中までじっくりと焼く。肉の厚さにもよるが、大体10分ぐらい。そして出したらアルミホイルで包んで5分。こんなふうになったら出来上がりだ。

テーブルに出したら、もうあとはかぶりつくのみ。肉はあくまでもジューシーに、だが噛みごたえもある上質の豚肉だ。

骨までしゃぶりつくして、ごちそうさま。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA