ウォルフレーンの The Spaniard

パースの王立劇場の地下はキャバレーになっている。いや「キャバレー」と言っても日本語で使われる意味ではなく、席についたら横にすわってくれるホステスもいなければ、飲み物や食べ物を運んでくれるウェイターもいない。小さなテーブルと椅子が舞台を囲んでいて、食べたり飲んだりしながらショーを楽しむことができる店だ。飲み物はカウンターで購入し、自分で席まで持って行く。食べ物は乾物類(ポテトチップスやポップコーン)だけだ。

11月4日のキャバレーは、オーストラリアのミュージカル女優ジェラルディン・ターナーの独り舞台だ。

前置きが長くなったが、キャバレーの舞台は7時半に始まるので、早めの晩ゴハンを食べようということになった。
王立劇場の向かいのKing Streetでグッチやらバリーやらルイ・ヴィトンやらの大物ブランドが立ち並ぶ一角を抜け、Wolf Laneで右に曲がるとそこはすでに車の入れない路地だ。外階段の壁には「うわあ、メリー・ポピンズだ」…と思ったら、大きなバッグではなく機関銃を持っている。何だこれは。

細い路地には土曜日だからか、結婚式の新郎新婦と招待客たちがプロのカメラマンに写真を撮ってもらっている。それも3組も。つまり1組目が終わるのを2組目と3組目が待っているというわけ。
店の中からそんな幸せそうなひとたちの写真をパチリ。

さて、本題のThe Spaniard(ザ・スパニアード)だが、中はカジュアルでどちらかと言うとバーのような雰囲気。だが、メニューはスペイン料理がかなり豊富に揃っている。わたしたちが行ったのはそのあとキャバレーに行くために早めの5時半。飲んでいる客がちらほらといるだけだった。

パエリャが食べたかったが、今回は誰もそんなにお腹がすいていないので断念。軽いタパスを注文することにした。
こちらはスペインハムの盛り合わせ。どれもスライスしたばかりで美味しい。

そして、野菜のスペイン風煮込み。フランスのラタトゥイユと同じくトマト味でこってりとしている。上に乗っているのはうずらの卵の目玉焼き。

こちらは、海老のピリピリ…と、昔スイス・チューリッヒのスペイン料理店でいつも頼んでいた一品。ニンニクとチリの効いたぷりぷりの大海老を、オリーブオイルでさっと炒めてある。わたしのお気に入りタパス。

最後はタコのぶつ切りをゴートチーズの上に載せてローストしたタパス。

どれも美味しかったけれど、さすがにオリーブオイルたっぷりの料理ばかりで、あとで少々胃がもたれそうになった。

料理は季節によってメニューが変わるというので、またキャバレーを観に来たときに寄ってみようと思う。ただし、パエリャは注文してから40分かかるというので、こちらはもっとゆっくりのディナーのときに。実はバルセローナ風のイカ入り真っ黒パエリャがあるのだ。昔バルセローナで食べただけなので、これだけはぜひもう一度食べてみたい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA