情けは人のためにならないのか

夕暮れの街を走っていて、遠くにパースの高層ビルが見えているのを写真に撮ってみた。パースは東京と違い、まだ空が大きい。

………

「情は人の為ならず」ということわざがある。

現代では間違って使われていることが多く、文化庁の調査では実に75%以上のひとたちが「ひとに情けをかけることは、結局そのひとのためにはならない」という意味で使っているという。実際の意味は「ひとに情けをかければ、結局は巡り巡って自分のためになる」で、全く違う場面で示さなければならないことわざだ。

元々は仏教の教えで、「善因善果・悪因悪果・自因自果」という因果の道理から来ている。結果には必ず原因があるし、原因が「善」ならば善い結果となり、「悪」ならば悪い結果になるのは当然、自分の結果(=未来)は自分のしてきた行為がつくりあげたもの、というのが因果の道理である。

ことわざには時に全世界共通の言い回しで、言語が違えど同じ意味を持つものがかなりある。

英語では普通「A kindness is never lost」だの「Charity brings its own reward」だのというが、最近では「Pay forward」というのが同じような意味で使われているような気がする。「Pay forward」は文字通り「先払い」の意味だが、つまり「親切の先払い」として、例えば持ち帰りの珈琲を買ったときにホームレス用の「珈琲貯金」にコインをひとつ入れたりする。そうすると、店のひとが近くに来たホームレスのひとに「Pay forwardの珈琲があるから、飲んで行きなよ」と言うわけだ。

パースではPay It Forward Perthという団体がフェイスブックのページを作っていて、そこでは様々なひとたちが主旨に賛同して見知らぬ人たちへの支援とプレゼントを勧めている。壊れたコンピューターを修理して、買えないひとたちにプレゼントするひともいれば、子どもたちに絵本をあげるひとたちもいる。ちょっとしたお菓子を作って見知らぬ老人へのささやかなプレゼントとするひとたちもいる。

親切は巡り巡って何かの拍子に思いがけないところから自分に戻ってくるという、優しさの先払いとそこにこめられた希望。コミュニティー、社会共同体としてのあるべき姿をそこに見てはいけないだろうか。

日本ではこのごろ「自己責任」という言葉が横行し、ベビーカーの母親や高齢者に舌打ちをし、それどころか助けを必要としているのに見ないふりをするひとがいる。「ひとに情けをかけることもない」となったということか。それなら、「情けは人の為ならず」を全く反対の意味に解釈するひとが増えたのも当然かもしれない。

今の世相を暗示しているようで、わたしにはとても笑えないのだった。

ソンクランの間はウチごはん、鶏もも肉のマヨポン焼き

バンコクは今ソンクランの真っ只中、外に歩いて出たら必ず水鉄砲を持った近所の子供たちに水をぶっかけられるので、車以外では外出さえできない。
昔はバンコクの中心街では「水掛け禁止」などという警察のお達しが出たが、それも何だか立ち消えになってしまった。それほど、このタイ正月のお祭りは1年に1度の「ズブ濡れ大騒ぎ」の庶民の楽しみだ。

ただし、外国人バックパッカーの多い道沿いでは白人の女の子たちが水を掛け合って、ただでさえTシャツ一枚なのにスケスケのブラジャー丸見えとなることがある。まあ、それを楽しみにやってくる男性たち(タイ人含む)もいるわけで、とうとう「スケスケ禁止令」が出てしまい、スケスケのガイジンがしょっぴかれるという騒ぎまで起きたのは数年前。

チェンマイに住んでいたころには、そりゃわたしだって軽トラの荷台に積んだドラム缶から水をじゃんじゃんと通行人に掛けながら市内を走り回り、おかげでその後1週間風邪で寝込んだことがある。いや、楽しかったけれどもうやりたくない。

そんなわけで、今日はささっと回りを警戒しながらスーパーに行き、買ってきた鶏もも肉でマヨポン焼きの晩ゴハンにした。

まず、鶏もも肉はフォークでブスブスと適当に穴を開けてからビニール袋に入れ、そこに酒、みりん、醤油、生姜のすりおろしを少々多めのマヨネーズと撹拌しながら混ぜたソースを入れる。ぐにゅぐにゅとまんべんなくソースをからめたら、あとは冷蔵庫で1時間ぐらい眠ってもらう。
オーブンは220度、強めの火でグリルして20分ぐらいか。オーブンというものは家とブランドによって適正時間が違うので、フォークを刺して澄んだ肉汁が出たら出来上がりだ。

付け合せはキャベツの千切りと茹でブロッコリにトマト。味噌汁も作ろうかなと思ったが、お腹がすきすぎて断念した。こういうところは臨機応変で。食べるときに刻みネギを散らし、ポン酢をかけて食べる。

さっぱりしているが、焼くときにマヨネーズソースでマリネしているせいで、肉は驚くほど柔らかくコクもある。量が少なかったらフライパンだが、めんどくさがり屋のわたしは冷凍する分も焼きたいのでいつものようにオーブンを使った。

2件のコメント

バンコクの散歩は命がけなのか…

買い物のあとエカマイの駅で降りてから、さてタクシーを拾うにはどこがいいかとグルリと見渡したら…そう言えばこのごろバンコクで外を歩いたことがなかったな、と思い出した。
別に雨が降っているわけでもなし、多少荷物がじゃまだが歩けないほどではない。Googleで調べてみたら1.5キロ。ぶらぶら歩いても30分はかからない。よし。

歩きだしたら周りのタイ人たちをどんどん追い抜いてしまうほど、はるかにわたしの足のほうが速い。これはセカセカしているということなので、速度を落として本当に「ぶらぶらと」歩き始めた。タイ人は急がなければならないときにはバイクタクシーなどを使う。歩くときはもうゆっくりと亀の如き速度だ。常夏の国ではセカセカと走るように歩いたら体力を消耗して疲れてしまうし、いいことなんか何もない。今ではタイ人の中にも「セカセカ人」が増えたが、それでも時間にルーズなひとのほうが多いのもこの「ゆっくり行こうよ」という国民性のせいかもしれない。

そして、速度を落として歩くと周りの風景が見え始める。
車の中から見るだけだった珈琲店やその隣の北タイ料理店が面白そうだ。韓国料理の一膳飯屋もある。何ヶ月か前にサンドイッチを買ってみたイギリス人の店はすでにつぶれてしまったようだ。新しい和風の喫茶店は、シンプルで真っ白な内装で洒落ている。

建設の始まったコンドミニアムは分譲27平方メートルのスタジオタイプから。これだけ小さいのは最近始まった流行だが、自分で住むために買うひとが一体どれくらいいるのだろう。たぶん投資なのだろうが、供給が過剰になっている今賃貸がそれほど期待できるとは思えない。投資というより、よく言われている金持ちの「じゃまな現金の隠し金庫」なのだろうなあ。

しかし、歩いてみるとわかるが、バンコクの「歩道」は通行人にはとても不便だ。なにしろ歩道が平らではない。つくりが悪いから、デコボコしていて今回歩いてみただけで2度ほどころびそうになり、おっとっと。危ない、危ない。

以前歩いたときには本当に足をとられて足首がぐにゃりとなり、歩道に手をついてしまった。あのときは痛かった。だからバンコクの「舗装された歩道」では必ず下を見て歩かなければならない。うつむいて、ゆっくりゆっくりと亀のように進む。前のひとを追い越すほどスピードを上げてはいけない。
昔住んだパリでも下を見て歩かなければならなかったが、あれは「犬のウンチ」のせいだった。

しかし、通行人というものはここでは街路樹より下の扱いだ。大体こんなふうにキレイに剪定された街路樹のほうが幅を利かせている。こんなものにお金をかけるくらいなら、歩行者道の舗装を何とかしてほしいと思うが、歩いているひとたちはあまり気にかけるふうでもない。

ひとがすれ違えるほどの幅がないので、大体向こうからやってくるひとがいたらどちらが先に着くかを見極めて、ささっとどいたり先に行ったりするわけだ。

もっとひどいのはコチラ。ひと1人さえまともに通れない。カニさん歩きである。もうあまりにもひどすぎて笑ってしまった。
雨季に傘なんぞ差していたら引っかかりそうだ。

タイでは土地神様として木も祀られていることが多いので、これだけの巨木を交通の激しい道沿いにどでーんと残しておくのはそのせいなのかもしれない。

このエカマイ道は車もバイクもかなりスピードを出して突っ走っているので、わたしのようにたまにしか歩かないナマケモノには危ないことこの上ない。以前なかなか渡れないわたしを見て、すでに渡ってしまった友達が戻ってきて手を繋いで一緒に渡ってくれた。まるで老人である。だって、コワイんだもん。今日は最初から右側を歩いてきたが、これなら道を渡らずに家に帰れるからだ。

さて、角を曲がればもうわたしのマンションはすぐだ。
門番のガードマンが不思議そうにわたしを見て、やっと気がついて挨拶した。いつもは車かタクシーなのでなんだかビックリしてしまったのだろう。

ロビーに入ったら今度はいつもは管理人室にいるスタッフのひとりがいて「あらまあ、歩いてきたんですか…顔が真っ赤」とにこやかに挨拶してくれた。そんなに赤いかな、と部屋に入って鏡を見たらなるほど真っ赤だった。バンコクの温度は34度だったから、そりゃ暑いし当然だ。髪の毛も風に吹かれてバサバサ。今度歩くときは髪はまとめてヘアバンドで留めて準備して行かなければね。

でも、ホントのところは楽しかったのである。やはり散歩はいいなあと思うのはこんなとき。そのあとシャワーを浴びてさっぱりしてからテラスでビールを飲んでいるときも含めてだが。