「できない子」について

オーストラリアでは極少数の学校のみが入学試験を課している。
ちなみに西オーストラリアでは私立男子校が一校、公立共学校が一校だけだ。つまり、公立校も私立校もどちらも試験なしで入学できるわけだ。公立校はもちろん住所のある地域の学校に行かなければならないが、私立校は地域に関係なく入学できるので、わたしの教えている学校のように寮が併設されていて、地方や外国からの生徒たちが住んでいることが多い。

要するに公立だろうと私立だろうと、どの教室にも「できる子」と「できない子」が存在しているのである。

私立校の1クラスは中等部であれば大体20人前後だが、公立校は33人が定員だ。私立校は「各々の生徒に合った対応」が厳しく求められており、またそれを前提に教室のサイズが制限されていると言っても過言ではない。公立校では、その30人以上の子供たちを何とかまとめて授業を進行させなければならない。悪ガキも多く、補習をしようとしても逃げられてしまうことが多い。だから、教室の中の限られた時間で何とか子供たちの目と耳を授業に向けさせるだけで精一杯だった。当然のことだが、わたしが公立校の数年で学んだ教室管理の技術は、私立女子校ではそのまま使えなかった。

さて、今の私立女子校のわたしのクラスにも必然的に「できない子」がいる。
彼女たちは、実は「どうやって勉強したらいいかわからない子」だ。だから中等部の生徒たちには定期的に「勉強の仕方」の補習をする。例えば1日10分のオンライン語彙反復練習。そしてテストでは一問目にその反復の語彙を使った易しい質問を出す。

「できない子」は「勉強したらできた経験のない子」でもあるので、たまにまぐれでできてもそれが次の勉強には繋がらない。だから反復させてそれが結果に繋がることを経験させるのだ。一問目は一番簡単だが、結果へのささやかな自信に繋がる。

だから教室のワークシートはいつも2種類だ。ひとつは易しいのと中ぐらい。もうひとつはその同じ中ぐらいのと難しいチャレンジ問題。「できる子」に「早く終るとまた他のをやらされる」と思わせないためでもある。できるから沢山やらなければならない、というのは不公平だ。そして「できない子」にはもちろん易しい問題から始めさせて、中ぐらいまで行けるように手伝ってやる。それでもできなかったら、朝か放課後の補習時間もつくる。

わたしは大した教師ではないかもしれないけど、「できない子」は無視しない。いや、無視したくない。「できない子」だってできたら嬉しい。その嬉しい顔を見ると、ああ、やって良かったというささやかな「わたしの」自信にも繋がる。明日も何か工夫しようという気になる。

ところで余談ではあるが、公立校で教えた悪ガキのひとりは今わたしのFacebookの友達の中にいる。ITで才覚を表したとみえて今はソフトウェアエンジニアとして働いているが、当時の日本語教室では「できない子」として多大な迷惑と面倒な補習時間と親への電話をわたしに与えたヤツだ。それがコンタクトをしてきた。

「センセイ、僕のことを覚えていますか。悪ガキのXXです。でも、センセイのクラスは楽しかったよ」
「忘れるわけないじゃない。そう言えば、テストのときヘタクソな男性器を答案いっぱいに描いて、わたしにコピーを親に送らせたのはアンタだったねえ」
「うへえ」

その話を彼に書いたおかげで、彼とつるんで悪さばかりしていた元「できない子たち」がもう二人ほどFacebookの友達になってしまった。

だから、センセイは時々当時の話や写真を暴露してやる。Facebookの楽しみのひとつなのである。

クリスマス・イブの小さなローストチキン、Mistkratzerli

「クリスマスイブは独り身にはツライ」そうだが、それはもちろん「イブは恋人の夜」みたいなイベントにしてしまった日本だけの話。オーストラリアでは12月25日のランチとそれに続く「ダラダラ飲み」が普通だ。家族だけだったり、親戚も呼んだり、または仲のよい友達と集まったり。スイスでも同じようなものだった。つまり日本の元旦みたいなものだ。イブは夜教会のミサに行くけれど、日本だって大晦日に神社やお寺に行くのだから、やることはよく似ている。

そんな12月24日の晩。
バンコクのレストランやホテルは、このときとばかり「クリスマスディナー」のコースメニューのみとなり、七面鳥やらハムやらの伝統的なメインを供する。

わたしもバンコクに住んでいたときには、毎年ビジネス仲間を沢山呼んで6キロ前後の七面鳥を焼いた。ただし、どんなに工夫してみても七面鳥自体はどちらかというと脂身の少ない大味の肉で、まあ年中行事に組み込まれたメニューだから仕方なく作っていたが、わたしはあまり好きではなかった。

だから、もう知るひともあまりいなくなったバンコクのクリスマスはチキンで祝うことにしている。
ところが先程いつものガイジン用スーパーに行ったら、丸ごとのものはとても小さなものしかない。ガイジンたちは皆ターキーの半身や大きなハムをを購入していて、鶏肉売り場になど見向きもしない。そのせいかな、と思ったが一応「これは雄?」と訊いてみた。頷くので、じゃあMistkratzerliだな、ということで2羽丸ごと購入。

ミストクラッツェルリというのは、スイスドイツ語で650グラム以下の雄鶏のことだ。普通、雄鶏はエサを与えても雌鶏のように大きく太ることはない。だから、スイスなどでは若いうちに出荷してしまう。これがミストクラッツェルリだ。小さいけれど、身は引き締まっていてなかなか味わい深い。

まず、詰め物だ…と思ったら、材料を何も買ってこなかったことに気づいた。今からまた外に出るのもめんどくさい。冷蔵庫にあるのは炒めようと思って買っておいたブナシメジが一袋のみ。あとは家にあるもので何とかなるだろうと、いつものように適当に作り始めた。

玉ねぎはみじん切り、ニンニクは薄くスライスして、たっぷりのオリーブオイルで炒める。キャベツも冷蔵庫にあったので、これも細切れにして入れてしまう。しんなりしたらシメジのざく切りを加えて塩コショウ、新鮮なタイムをぱらぱらと揉み入れ、レモンの皮をガリガリと削る。
冷めたらパン粉をふたつかみほど、そして本当ならパインナッツだがこれもないのでヒマワリの実で代用。卵をひとつ割り入れてざっくり混ぜたら、詰め物のできあがりだ。

鶏は洗って水を切り、指で胸の身と皮の間に指をいれてそっとポケットを作る。ここに先程の詰め物をポケットに穴を開けないように詰める。残った詰め物は丸めて野菜と一緒に焼いてしまう。鶏肉にレモンの皮、ナツメグ、パプリカ、塩、コショウをたっぷりと塗りたくり、オリーブオイルをかけて、最後にレモンとタイムを穴に詰めて出来上がり。鶏自体が小さいので、180℃のオーブンで1時間とちょっと焼いた。焼きあがったら、もちろんアルミホイルで包んで10分ほど寝かせる。

小さいほうのミストクラッツェルリは、焼いているうちに焦げた皮に大きな穴が空いてしまい、中の詰め物が丸見え。これは予期していなかった。普通の丸ごとチキンの皮はもっと厚いので、焦げても皮が破けることはない。
皮と身の間に詰め物を入れるのは、もっと味がよく染みてくれるからだ。普通はぽっかり空いた穴にぎゅうぎゅうと詰めるが、わたしはこちらのほうが好き。

あとは時間差でオーブンに入れた、ローズマリー風味のジャガイモとニンジン、ズッキーニ、エシャロットなどを付け合わせにした。

実はミストクラッツェルリを焼くのは初めてなので心配だったが、意外や意外、ジューシーに仕上がった。さすがに肉の量は少ないが、骨についた弾力のある肉の味が切り身で買う鶏肉より格段に美味しい。いい加減に作った詰め物も歯ざわりがよく、パン粉ばかりの市販の詰め物など買わないほうがいいと思った。

しかし、二人だったら一羽で十分。二つ目の丸焼きはそのまま残ってしまった。これは明日の昼にコールドチキンとしてサラダとともに食べよう。そのあとは、サンドイッチの具にしてもいい。

そして、最後にブッシュ・ド・ノエル。
買い物に行ったときに無性に食べたくなり、日系のベーカリーで求めた。

日本のケーキは甘さ控えめで、あっさりとしている。オーストラリアのこれでもかというほどの砂糖の量とは比べものにならない、懐かしい味だ。もっとも、オーストラリア人たちに言わせると「なんか甘くないね」となるので、これはひとそれぞれ、国それぞれなのかもしれない。

住宅街のクリスマス・イブはしんとしていて、時々通る車とバイクの音しかしない。今ごろホテルやレストランでは大騒ぎでクリスマスソングが鳴り響いていることだろうが、食後のキルシュをちびちびとやりながら、実はこのブログの名前ともなっている「がびのテラス」で風に吹かれるのも楽しいものだ。

がびんちの甘くないコールスロウ

初めてコールスロウを出会ったのは、大学生のときにケンタッキーフライドチキンを食べたときだ。美味しかったけれど、ずいぶん甘いサラダだなと思ったのだけは覚えている。

それからもう何度も食べているが、それでも「甘くない」コールスロウは食べたことがない。そう言えば干しブドウさえ入っているものもあった。
レシピを見ると、必ず砂糖が使ってある。オーストラリアのマヨネーズはそれでなくても甘いので、さらに甘くなるのは避けられない。まあ、マヨネーズと言えば、最近ではオーストラリアのスーパーでもキューピーマヨネーズが手に入るので、それしか買わなくなったけれど。

キャベツ自体が少し甘さを含んでいるので、わたしは家で作るときには砂糖を入れない。ただし、果物の清々しい甘さは好きなので、今晩のサラダにはリンゴを使ってみた。

キャベツは千切りではない。百切りぐらいか。千切りにするとキャベツの歯ざわりがあまりにも繊細になってしまうので、ここは豪快にザクザクと。ここに、薄切りスライスにしたリンゴも放り込む。百切りにしたら、混ぜているうちに細かくちぎれてしまうので、これもザクザクとリンゴだとわかるぐらいに刻む。

ドレッシングはサワークリームとそれより少し少ない量のマヨネーズ。そこに大さじ一杯の粒マスタード。ぎゅうと絞った新鮮なライムジュース。これだけだ。塩もコショウも入れない。ボウルにドレッシングを加え、よく混ぜ合わせたらあとは冷蔵庫で冷やしてなじませるだけだ。

その間に作ったのは、鶏のモモ肉のハーブグリルとジャガイモのロースト。モモ肉はハーブをたっぷりと振りかけてから塩コショウ、そしてフライパンで両面に焼き目をつけて、あとはジャガイモと一緒にオーブンで火が通るまで焼いた。

さて、コールスロウだが、必ず冷蔵庫で少しの間ドレッシングをなじませないと美味しくない。今回はタイで手に入る日本風の柔らかいキャベツを使ったが、オーストラリアのキャベツはとても身が厚くて固いので、こうしないとまるでキャベツというより沢庵の歯ざわりが残ってしまうのだ。

そして、冷蔵庫から出した冷え冷えのコールスロウをもう一度ざっくりと混ぜてから食べる。コールスロウにはこってりとしたフライドチキンなのだろうが、今回はハーブグリルだ。とろりと深みのあるドレッシングで和えたので、リンゴの清々しい歯ざわりとしんなりしたキャベツが美味しくて、ボウル一杯につくったコールスロウがあっと言う間になくなってしまった。