エカマイのPRIM(プリム)

無性にタイ料理が食べたくなり、晩ゴハンにしようと思っていた豚肉を急遽冷蔵庫に放り込んで計画変更。

エカマイのPRIMと言ったら、あの界隈のタイ人は「ああ、アソコね」というに違いない。それほど有名、というよりそれほど古くからある。30年だか40年だか、話をするひとによってマチマチの情報だが、とにかく古い。

IMG_1385_2

高床づくりの古いタイ民家を改造していて、中にはいるとオーナーの趣味なのか、沢山の掛け時計がインテリアに落ち着いた雰囲気を与えている。

IMG_1363

そんなに腹ペコというわけではなかったので、注文した料理は3品。
定番の「カシューナッツと鶏肉の炒めもの」は、他の店と違い、シャリシャリとした歯ざわりのいいクワイの実もはいっている。

IMG_1367

お次は、ムーマナオという甘酸っぱいソースのかかった豚肉のステーキサラダ。ハーブがたくさんついていて、ライムの香りと味でさっぱり。今回一番美味しいと思った料理。ただし、これでもかと言うくらいニンニクのみじん切りが沢山かかっているので、それをかなり取り除いてから食べたほうがいい。これ全部食べたら、明日は確実に匂うからね。

IMG_1369

もうひとつは、ここで必ず注文する焼きナスのサラダ。
ナスは焼くととても香ばしいのは、和風焼きナスでも同じだが、タイ風焼きナスサラダは、そこに挽き肉、ゆでたまご、海老、ハーブがふんだんに合わせてあって、あまり辛くないので、安心してご飯と一緒にゆっくりと楽しむ。

IMG_1382_2

着いた時間は6時半ごろだったと思うが、それから8時に出るまでひとりも他の客が来ない貸切状態。年の暮れで、ほとんどのひとがすでに地方に里帰りをしているからか、なぜかいつもは混んでいるエカマイ通りもスイスイだったから、バンコクの人口はたぶん半分に減少しているに違いない。

これから1月の3日あたりまで観光地以外はがら〜んとしたバンコクで、「メイドが里帰りしてしまって食事が作れない中の上から上の家族たち」がレストランに繰り出す。残りの「中の上から上の家族たち」は、すでに外国へ休暇に出てしまっているだろうけどね。

 

ナイトミュージアム3 エジプト王の秘密(2014)

3Dの「ホビット3」にはすでに2回も行ってしまったので、今週はベン・スティラーの「ナイトミュージアム3」を観てきた。その前にDVDで「ナイトミュージアム」第1作目をおさらいしたことは、先のエントリにも記してある。
全世界で2014年12月19日に一斉公開のこの映画は、なぜか日本では来年3月公開らしい。

今回は前作「ナイトミュージアム2」のワシントンどころか、海を越えてロンドンの大英博物館にまで行ってしまう。発端はあの不思議な力をもつエジプト王の魔法の石板だ。それが徐々に魔力を失い始めたため、夜警のラリー(ベン・スティラー)がおなじみのメンバーを引き連れて大英博物館に忍び込み、エジプト王に会ってその魔法を再び取り戻してもらおうと、ドタバタと大騒動を繰り広げる。

つまり全体の雰囲気は変わりなく、ストーリー自体も前2作をはるかに超えると言ったものではない。すでにマンネリ化したシリーズが元に戻るわけもない。

それを補って余りあるのが、登場人物たちとそのギャグだ。

大英博物館からの登場人物として円卓の騎士ランスロット。これを演じているのは、なんと「ダウントン・アビー」で主人公のハンサムで誠実な恋人(後の夫)役を演じたあのダン・スティーブンスだ。わたしはこのひとがコメディーを演じるとは夢にも思わなかった。ハンサムなだけに、一度壊れるともう最期まで笑うしかない。火を近づけすぎて蝋人形の彼の鼻が溶け出したらもうあっけにとられてしまった。鼻がぶらんぶら〜ん。
そして、彼が盗んだ石版を持って向かった先が、アーサー王のミュージカルが演じられている劇場。ここで、アーサー王として見事な歌を披露している「俳優」がなんとヒュー・ジャックマン。クレジットなしの友情出演だ。ここでの駆け引きが、ランスロットがマジメに話せば話すほど混乱を巻き起こしていてオカシイ。

もうひとりは、もちろんテディー・ルーズベルト役のロビン・ウィリアムズ。これが彼の遺作になってしまったためか、別れを告げるシーンでは現実と重なってしまって困った。ちょっと涙が。

さて、主役のベン・スティラーだが、どうも昔のようなスラップスティックのギャグに気迫が感じられない。疲れているのか、年取ったのか。今回は彼のドッペルゲンガーである、ネアンデルタール人のラーとの二役だったが、ここでもそのラーのせいでかろうじて笑いがとれただけで、彼自身の存在感はとても薄い。どうしたんだ、ベン・スティラー。

ほとんどのB級コメディーがそうだが、ひとつひとつの短いギャグ場面はとてもおもしろくて笑えるが、それはまるで映画紹介の一連のクリップで見るのと同じで、全体のストーリーの面白さに繋がっていない。わたしは、成長したラリーの息子とのやりとりでもう少し深みが出るかと思ったのだが、ただの父子の会話だけで終わってしまったことがとても残念だった。
ただし、終わり方はハッピー、バカバカしくて楽しい。心に残るというわけではないが。

余談だが、セットではない大英博物館での撮影を許可されたせいで、映画とタイアップした相英博物館iPhoneアプリで、楽しく展示物の紹介が見られるようになっている。
British Museum – Night at the Museum

「ナイトミュージアム・シリーズ」の最終作(にしてほしいと切に願う)は、ポップコーンを口に放り込みながら「ははは」と笑い続けるにはいい映画だ、と思う。

豚肉の生姜焼きで、久しぶりの和食

ここのところ胃に負担のかかるような食事ばかり。まあ、そんな季節だから仕方がないのだけれど、たまにはちょこっと作れる定番の和食もいい。

豚肉の生姜焼きなんてめんつゆを使ってもできてしまうが、それほど急いでいるわけでもないので、醤油、酒、すりおろしたショウガを同量ずつ、そこにみりんと砂糖を加える。これがソースだ。

バンコクの日系スーパーで買う豚肉の薄切りは、日本のように美しく「たたんで」パックしてあるので、それを開きながらボウルに放り込む。ちなみに、オーストラリアのパースではこんな薄切り肉は普通の肉屋では買えなかったが、最近ではそういう肉を売る韓国人の肉屋が増えたおかげで、しゃぶしゃぶもすき焼きもできるようになった「らしい」。でも、わたしはまだ買ったことがない。

さて、そのたたんである薄切り肉を開いたところに片栗粉か小麦粉をハラハラと振り、しっかりと混ぜておく。

後は油を熱したフライパンで丁寧に焼くだけだ。火が通ったら、そこにさきほど作っておいたソースをかける。そのソースがとろーりとしたら火を止める。これだけだ。この方法だと絶対焦げないし、何しろ片栗粉でカバーしているので肉が柔らかい。

IMG_1396付け合せは簡単にキャベツの千切りに、色を添える意味でニンジンの千切りも加えた。味噌汁は、ワカメとエノキダケ。そして、スーパーで買った浅漬のキュウリ。

こういう極普通の日本の晩ゴハンというのも、久しぶりにいいものだ。なーんて言っているが、あと3日で日本へ。