1日遅れのクリスマスローストチキン

2日間姿を消していた丸焼き用チキンがバンコクの肉屋に戻ってきた。クリスマスが終わったのだから当然だ。他の材料はすでにクリスマスのときに揃えてあるので、背中を押されるように大きな鶏を1羽買い求めた。

家に帰ってさっそく包みを開けると…ぎゃ。目をつぶった頭も長い首も爪のある足までたたんでついているじゃないか。ガイジン用スーパーではきちんとロースト用に頭も足も切ってあるものが売っているのだが、今回のは全部くっついている。困った。実はわたしは意気地なしなので、こういうものをちょん切るだけの勇気がない。

ダメなのは、他にもある。生きている泥蟹、足の動いている海老やイカ。まだビジネスをしていたころ、新潟の料亭で新鮮なイカ刺しをつつこうとしたら、吸盤が箸にからみついてきた。あまりにビックリして、顧客の前でテーブルひっくり返して逃げ出したくなったこともある。

スイスに住んでいたころは、生のウサギが丸ごと艶かしくもおしりを並べて肉屋のウィンドウに並んでいるのを見て立ちすくんだ。ウサギの煮込みは好きだったのに、どうしてもあれをそのまま買うなんてできなかった。が、後でそれを肉屋のほうでブツ切りにしてくれることがわかったので、もちろん秋の晩ゴハンの食卓に出せるようになったけれど。

さて、今晩の鶏は包丁を握ったこともないヤツがガシガシと頭と足を切ってくれたので、何とかローストにこぎつけた。

herbroastchicken詰め物は、玉ねぎ、セロリ、マッシュルーム、タイム、ローズマリー、ニンニクを炒めたもの。ご飯は「ロンググレインライス」と呼ばれる、西洋料理の付け合せに使われる長い米を使い、ついでにわたしの大好きなワイルドライスを別に炊いて合わせた。この黒いワイルドライスは実は米ではなく「実」だ。スイスにいたときにはこれの混ざった米を買うことができたが、タイにはない。炊く時間が長いので、米とは別々に炊かなければならず少々面倒だが、味も風味も歯ざわりもよくて、わたしの大好きな付け合せのひとつだ。

wildricechicken「きゃー頭がついてるー」と騒ぎ立てたせいで、今晩のローストディナーは8時半を過ぎてしまった。でも、じっくりと焼いたローストチキンは、肉が骨からほろりとはずれる柔らかさ。ワインに舌鼓を打ちながら、1日遅れのクリスマスローストの晩は更けていく。

 

久しぶりに焼肉のタレを作ってみた

わたしは大学生になっても料理ひとつしたことのないオンナだった。味噌汁さえ作れなかった。寿司酢が酢だけじゃないということさえ知らなかった。

それが、何の因果かそのままずっと海外暮らしとなり、オカアサンが側にいないことに気づいた。つまり、それは自分で作らなければ食べたいものさえ食べられないという重大な発見だった。何とか見よう見まねで作り始め、ひとからもレシピをもらい、どうしても食べたいとなったら納豆もウドンも漬物も作った。そのうちに作れるものも増え、アレンジしたり、ちょっと聞きかじったことを試してみたりするようになった。

測らなければ作れないパンやケーキなどはそれなりにきちんと計量したが、それ以外は昔からずっと人差し指か小さじで味見をしながら作るイイカゲンな料理だ。

焼肉のたれはスイスにいたころにもよく作った。ありとあらゆるものをブチ込むので、レシピは?と言われても使った材料しか数えられない。今日作ったのは、そのころからの材料、つまり「醤油、味噌、砂糖、酒、蜂蜜、林檎、生姜、ニンニク、ごま」だ。これを煮切ってから使う。分量は…知らない。液体でないものはすりおろしている。しめじと長ネギは同じたれで和えてから、さっと炒めた。

yakiniku

一汁三菜なので、これに余っていたしらすをごま油でカリカリにしてからキュウリと大根に和え、マヨネーズを加えてしばらく冷蔵庫で冷やした。もうひとつは、桃太郎と呼ばれる生食用のちょいと美味しいトマトにかつお節をふりかけて醤油をたらり。味噌汁は、油揚げとワカメで。

jakosalada

大したものではないけれど、このところ続いてしまったドドンと胃に重い西洋料理のあとなので、ちょっとほっとする味だ。パースにいるときには、どうも時間がなくて一汁三菜というより二菜で手早く作ってしまうほうが多い。和食のいいところはどれも違った味が愉しめることなんだけれど、いかにせん、15分で作って15分で食べて採点しなきゃあなどという普段の生活では無理かもしれない。

 

ステーキディナーでクリスマス・イブ

悪い予感というものは意外と当たるものだ。
たぶん混んでいるだろうなあと思いながら出かけたガイジン御用達スーパーマーケットは、案の定午前8時の池袋駅のような喧騒だった。クリスマスの買い出しに、バンコク在住の西洋人たちが皆このスーパーに集まるのではないかと思うほどの込みようだ。大きなハムも七面鳥もすでに焼き上がり、番号札をつけて注文客の到着を待っている。ローストチキン用の鶏はというと…まさかの売り切れ。カットした胸肉だのもも肉だのはあるのだが、肝心の丸焼き用のものが1匹もない。

まだ住んでいたころはよくクリスマスに7−8キロの大きな七面鳥を焼いて10人ほど招いてパーティーをしたものだ。クリスマスのレストランにはもう10年以上行ったことがない。大晦日も同じようなものだが、バンコクではいわゆる「クリスマス・ディナー」と銘打ってコース料理を供するレストランが多く、どのレストランも予約客で満席、たとえ予約がとれたとしても、喧騒と酔っぱらいのせいでよほどの高級レストランに行かないかぎり、とてもゆっくりと愉しめるディナーにはならない。

だから、家でゆっくり詰め物をしたローストチキンでもと思っていたのだが、同じように考えたひとたちが多かったらしい。予定がはずれた。

結局、フィレ・ミニヨンと呼ばれる、牛ヒレ肉のステーキを買って帰った。
ヒレ肉は焼き方が多少悪くてもあまり硬くならず、初心者にも比較的うまく焼けるステーキだ。脂身も少なく、わたしは霜降りのものよりこのほうがいい。ただし、わたしの好みはミディアムレアと呼ばれる「火は通っているけれど、中はバラ色で真ん中にナマの筋が一本はいるくらいのレア」だ。これはもう長年のカンなので、自分用に失敗したことはほとんどない。

filletmignon今日買ってきたのはベーコンを巻いてあるもので、これだと肉が焼け過ぎることもなくベーコンの脂で囲まれてちょうどしっとりと焼きあがる。
付け合せは、ブイヨンで茹でたブロッコリーとカリフラワー、そしてオーブンで焼いたローズマリーポテトと半分に割ったにんにくだ。こうやってローストしたにんにくはほっこりと柔らかく、肉に加えて食べるととても美味しい。

前菜は簡単にスモークサーモンで。

smokedsalmon

これだけ食べるとお腹がパンパンになってしまうが、まあ一応「縁起物」なのでケーキも買ってきた。スイスロールに生クリームをつけて、ビュッシュドノエルに見立てた小さなケーキだ。日系のパン屋で購入したので甘みはほんのりで、さっぱりとしている。

xmascake本場フランスのBûche de Noëlだとこうはいかない。クリームはこの3倍ぐらい使うし、甘みも強い。それはそれで美味しいのだけれど、こういうこってりしたディナーの後は、和風の甘味を抑えたケーキのほうが胃にも優しい。

食後のキルシュ酒を飲みながらテラスに出てみたら、意外に涼しい。温度計を見たら26度だ。例年より暑い12月だが、それでも夜になるとしのぎやすい季節になってきた。

fromTerrace

あと1週間で2013年。メリー・クリスマス!