父の十三回忌にそら豆を茹でる

初モノだの旬のモノだのが店頭に並び始めると、何だか嬉しくなってしまう。雨の多い冬だったパースが青空ばかりになってきた春は、特にウキウキするものだ。 現在はすでに初夏なので、新鮮なそら豆が行きつけのマーケットに出現した。こ...
4件のコメント

センセイが泣く日

今日は第三学期最後の日だ。 西オーストラリアの中学/高校は、ほとんどが一貫教育で公立私立ともに四学期制だ。だから、フツウの生徒たちにとっては何でもない学期末、二週間の休暇でワクワクする日でもある。 ところが、最上級生であ...

がびの日曜日:自宅の裏庭で

わたしの庭は、日本で言う「庭」よりは広いかもしれないが、こちらの標準では「ネコの額」の 9m x 8m だ。大きなパティオの石畳に屋根をつけて、テーブルを置けるようにしてある。秋の庭の写真しかないが、たぶん大きさがわかる...

がびの日曜日:近所の散歩を愉しむ

午後は、キングスパークまでワイルドフラワーを見に行こうかと思ったのだが、沢山買い込んでしまったパンのせいで断念。友達はケーキまで沢山買ったので、とても公園を散歩できるようなイデタチではない。わたしはそのまま帰宅し、パンを...