2件のコメント

紹興酒の香る中華風ポークチョップと青梗菜の蒸しもの

ちょいと気の重い出来事があって、頭痛も相まってとても出かける気になれず、友達の誘いを断って家でゆっくりすることにした。こういうこともたまにはあるが、そういうときは美味しいものでも食べて、酒でも飲むに限る。

今日は帰り道で寄った肉屋のポークチョップを使う。
この肉屋はスーパーのパックされた肉とは違い、ウィンドウから直接選んで包んでもらうタイプの店だ。右だの左だのとサンザ指図をして選んだのは、わたしひとりで食べる場合にちょうどいいぐらいの大きさだ。
ついでに隣の中国人の八百屋で葉っぱのピンとはった新鮮な青梗菜も買った。

日本で料理用の酒と言ったら日本酒だろうが、わたしは時々中国の紹興酒も使う。中華料理屋の蒸し物や炒め物などでたっぷりふってあるのがこれだ。入れると入れないのでは、やはりコクが違うので、中華料理風のソースを作るときには必ず少々加えることにしている。

今日は、またもや料理とも言えないスピード晩ゴハンだ。

豚肉には塩コショウと五香粉をふり、フライパンで両面に焦げ目をつけてから200度のオーブンで五分。その間に青梗菜をざっと洗って縦半分に切り、紹興酒と塩少々をふってからラップをして電子レンジで一分。ショウガとニンニクをみじん切りにして、ごま油で炒め、たっぷりと紹興酒を入れてアルコールを飛ばす。そこにオイスターソースをさっと混ぜ合わせ、焦げないようにすぐに火をとめる。これがソースだ。

青梗菜とポークチョップを皿に盛り、ソースをたっぷりとかける。

ソースを別につくることで、肉に焦げ付いたりすることもなく見た目もきれいに仕上がった。紹興酒と五香粉でかなり本格的な中華味の変わりポークチョップだが、普通のステーキに飽きたときにも簡単ですぐにできる一品。

気分転換には南オーストラリアの赤ワインをグラスで二杯ほど、いや三杯ぐらいはいけるかもしれないね、と今晩は自分を甘やかすことに決めた。

レモンクーミンチキンとクスクスサラダ

今日こそ日が落ちないうちに帰るぞ、と固く心に誓っていた。だから急いでデスクを片づけ、今日中に書かなければならないメールを3つほど目にもとまらぬ速さで書き上げ、ラプトップをバッグに放り込み、窓とドアから誰も見えないのを見計らってばばっと洋服を脱ぎ捨て、ジム用上下に着替え、ジムシューズを履いて、オフィスを飛び出した。時刻は四時半。
ジムはうちの近くで車でたっぷり35分かかる。先月またもスピード違反の罰金を払ってからは、もうどんなにびゅんびゅん追い抜かれようときちんと制限速度を守っているからだ。
結局一汗流してうちに着いたときには六時を回っていた。夜になっても28度から下がらない西向きの部屋では、とてもがんがんと火を使う気にはなれない。

よし、鶏肉を焼くだけでできるちょいと温かいサラダだ。

まず、オリーブオイルをたっぷりボウルにいれて、つぶしたニンニクとレモンの皮一個分をがりがりと削って加える。そこにクーミンと塩コショウ。全て混ぜ合わせてから、鶏の骨ナシ皮ナシもも肉をマリネ。その間にサラダを作る。チェリートマト、キュウリ、玉ねぎのスライスに、たっぷりとミントとイタリアンパセリをさっと刻んだ。もちろんハーブは庭からむしりとってきたものだ。

すでに温まっていたグリルで、もも肉をじっくりと焼いていると、隣では湯をわかしてさっと加えたクスクスがすでに出来上がっている。これをサラダボウルに放り込んでドレッシングを作る。プレーンヨーグルトにクーミンと蜂蜜を加え、よく混ぜて塩コショウしただけのシンプルなものにした。
焼きあがったもも肉をざっと切って、サラダの上にちょんと置く。
ヨーグルトドレッシングをかけてしまうと下に何があるのかわからなくなってしまうので、取りあえず写真だけを撮って最後にたっぷりドレッシングをかけた。

さっぱりとしていてエキゾチックなサラダだが、暑くなってきたパースの夜にとてもよく似合う一品となった。

 

4件のコメント

試験官の責任のあとに、がびんちのオツマミで一杯

西オーストラリアの大学入学資格試験では、全ての科目の筆記試験が始まる前に音楽、ダンス、ドラマは実技、そして外国語は口語インタビュー試験がある。今日と明日はそのインタビュー試験だ。わたしは試験官のひとりなので、二日間学校から許可を得てカンヅメになる。

試験会場は某国立大学の五室。試験官は二人で、交互にインタビューを受け持つ。試験時間は、最初の90秒のスピーチを含めて12分以内。学生と直接話さないほうの試験官はその12分間ずっとメモをとらなければならない。十分の休憩を置いて五人続けてインタビューなので、なんらかの理由がない限り、たとえ相棒がオーストラリア人と言えど交互にインタビュワー役になる。でも、五人目の最初は必ず主試験官が担当するので、結果的にわたしはどのブロックでも三人のインタビューをこなす。

日本語が母国語だからといって決して楽ではない試験だ。最低でも五年は日本語を勉強している高校最上級生たちをたったの十五分間で採点するのだから、責任は重い。二人の試験官はインタビューのあと、最終結果を出す前にまず各々の結果を記す。それからお互いの採点を見せ合って協議する。二人の平均点が最終結果というわけではないからだ。なぜ、その点数にしたのか、またなぜその点数が適切と思ったかということを的確に述べなければならない。
そして、最終的にどちらも合意できる点数に達したときに、それがその学生の最終結果となるわけだ。合意に達しない場合は主席試験官がでてきて、もう一度協議になる。協議はもちろん全て英語だ。

それを二十回繰り返した今日は、終わったときに目の下にクマがくっきりと浮かんだ。

ジムにも行きたくないし、料理もしたくない。こういうときには、冷蔵庫の中のあり合わせのものを皿に並べ、題して「がびんちの取りあえずのオツマミ」となる。

行きつけのイタリア食材店で買ったソフトチーズのブリー(フランス産)とエメンタール(スイス産)は冷蔵庫にいつも切らせたことがない。そして黒いカラマータオリーブ。
サンドライ・トマト、ごく小さい酢漬けキュウリ。それからアーティチョークのマリネ(スペイン産)と自分でローストしたアーモンド。そこに香りの強い庭のローズマリとイタリアンパセリを添えた。

まだ薄暗い庭のパティオで、切らせたことがない「いつものワイン」のTaylorsのカベルネ・ソーヴィニオンを一杯。ゆきちゃんもこっそりと出てきて、薄闇のパティオで鼻をひくひくさせる。

春の香りは、まだ夜には遠いパティオをさわさわと満たしている。