これってワタクシの撮った写真では? …その後

丸1日たっても何の音沙汰もない。何の音沙汰もないが、Facebookのアカウントページは更新されている。つまりわたしの投稿には気づいたということだ。
業を煮やしたわたしは、またもSTROGOFF DIRECT HOMEに写真削除願いのメールを送った。Facebookにも再度投稿した。シロウトだからと無視されてはたまらない。

そして昨日の晩、メールが来た。

reply

Gabyさん、
貴方のものである写真が偶然に使用されていまして、申し訳ありません。すぐに画像を削除しました。残念なことになぜこんな間違いが起きたのか分からないのです。すみません!

 

実はわたしの2度めのFacebook書き込みは「わたしの写真が使われているのがわかりまして…」という丁寧な言い方ではなく、「この会社は…」という糾弾になっている。公開投稿なので、誰もがそれを見ることができる。いや、「できた」と言うべきか。その投稿は現在全て彼らのアカウントページからは削除されている。残っているのは、わたしのアカウント上の「ログページ」のみだ。

最後の投稿のきつい口調に驚いて対処した、というほうが適切かもしれない。わたしは「オランダの著作権関連の当局に連絡する」とまで書いているのだ。

「偶然に」という言い方には苦笑するしかないが、ともあれわたしの写真はその会社のサイトから削除された。友達によると、「案外ほんとうかもしれないよ、だってそういう会社はHP制作会社から写真も準備してもらっているんじゃないかな」とのこと。うーん。そうだろうか。それなら、「HP制作会社の手違いで」と書けばすむことだ。

わたしは「たかがシロウト」だが、それでも自分のモノを無断で使用されて、しかも「その無断で使用した会社のほうが」自分たちの著作権を写真に貼り付けているのは、偶然だろうがわざとだろうが到底許せないし、許してはいけないと思う。

このメールを見たとき、英語のAccidentally on purposeというイディオムを「偶然に」思い出した。「偶然に見せかけて実はわざと」という意味だ。

今回のこのふたつの小さな事件がもう二度と起きないことを願っている。そして、ふたつの店がこれに懲りてもう少し慎重になることも。

 

これってワタクシの撮った写真では?

よく行く英語のブログがあって、そのひとがアップしている写真が他のサイトで使われていて憤慨している、という投稿を読んだ。

なるほど、よくある。というのも、何年か前にわたしの「ローズマリーポテト」の記事がそっくりそのままコピーされ、全く知らないひとのブログにあたかも「そのひとが書いたかのように」写されていたからだ。
メールアドレスが記載されていたので連絡をとったら、「もっともだと思いますので削除します」というコメントがついた。2008年のことだ。

それ以来全くそんな「盗用」には無関係だと思っていたので、その英語記事を読んだときには、ホンの出来心で「調べてみようかな」と検索をかけた。
今は便利なサイトがあり、ここにあるリンクをブラウザーのツールバーに貼り付けただけでGoogleの画像検索にかけられるようにできる。探したい画像のあるページを開き、そのページを開いたままでリンクをぽちっと押すだけですぐに「?」マークが画像の上に現れる。それをクリックすれば、その画像のあるページが全てGoogle検索に出現する。似ている画像さえ出てくる。

それを使って、何気なく検索した昔のブログ投稿の画像3つのうちのひとつがヒットした。自分のページはもちろんあるが…全然知らない居酒屋のブログページも出ている。そのブログに行ってみたら、わたしの撮った写真が何とその店の新作メニューとして紹介されているではないか。しかも、ご丁寧に「食話休題」と書いた下部を削除してある。レシピを使うのは全くかまわないし、使って作ってくれたらわたしも嬉しい。だが、自分の写真となると話が別だ。わたしの書いた投稿は2011年で店のブログstollenphoto1投稿は2014年の秋だが、そんな昔の写真など誰もわからないだろうとたかをくくったのだろうか。

店のブログにもそのメインである店のホームページにも、連絡先とあるのは電話番号と住所だけだ。メールアドレスの記載はない。スカイプを使って電話をしてみたら、ちょうど運悪く店の定休日だ。

最後の手段としてFacebookで検索をかけてみたら、あった。アカウントでは他のひとからの投稿欄も開いている。そこに詳しい店のブログページのリンクとわたしのオリジナル写真のあるリンクを載せて、削除要請した。

1分もたたないうちに、その投稿に「写真を削除しました。大変失礼しました」という簡単なコメントがつき、同時にわたしの写真だけは削除された。

そして、今朝。
まだ開いたままだったFacebookページをリロードしたら、アカウントが削除されている。店のブログも同じように削除されていて、痕跡さえない。店のホームページにあったブログのリンクもきれいに消えている。つまり、写真と投稿の掲載を消してしまえば、他人の写真を盗用したことさえ「削除」できるということらしい。Googleページにはその「痕跡」が明らかにキャッシュで残っているが、その先のリンクは途絶えている。

ヒトサマの画像や写真をコピーして使うというのは、ヒトサマの財布を失敬して中身を使うということと同じだと思うのだが、それを理解できないひとがまだいるということだ。手に取ることのできる「モノ」でない限り、画像や写真の類は簡単にいくらでもコピーしてしまえると、軽い気持で考えているのだろう。実は犯罪なんだが。

stollenphoto2 copy一件落着だがスッキリしない。腹もたつ。しかし、まさか全部の写真に検索をかけるほどのヒマもない。それで、最後にあと10個ほど写真を検索してみた。そうしたら、また出た。今度はわたしのこの写真だ。STROGOFF DIRECT HOMEというオランダの肉類オンラインショップだが、こちらはもっと悪質でわたしの写真に自分の店のコピーライトまで記してある。ただしメールアドレスがあったので、メールだけは英語で送っておいた。そして、その店のFacebookアカウントにも投稿した。さて、どんな言い訳が来るのか大して期待もしていないが、こちらのほうがさらに悪どい著作権侵害なので、放っておくことはできない。

わたしの写真はずっと何も書かないでそのままアップしていたのだが、それはあまりにも無防備なのだなと今更ながら気づいた。これからはきちんと著作権を写真にも見せなければならないということだ…。もしかしたら、まだどこかで盗用されているわたしの写真があるかもしれないが、もうこんなことで嫌な思いをしたくない。

しかし、一番の疑問はなぜ「わたしの写真」なのか。シロウトだからか、たかが弱小ブログの写真だからか。某ソーシャルネットワークでも「たかがシロウトの写真をコピーされたぐらいで大騒ぎ」と茶化されたので、そう思うひとも多いのだろう。

そんなわけで、自分のMacbook ProにダウンロードしたソフトはこのWatermark Pro。使いやすい。

 

ブログ改築工事完了!

…などと大げさなタイトルをつけてしまったが、何のことはない、ただテーマを変更してみただけである。

わたしの古いテーマはBrunelleschiという実にシンプルな外装で、とても気に入っていた。Movable TypeからWordPressに変更したときからだから、3年以上も前のことだ。ところが、このテーマの作成者はすでに興味を失ったとみえて、すでに2年以上更新がない。つまり、Wordpressが更新されるたびに、色々な不具合が出てくるようになった。

一大決心!…だけはしてみたものの、時間がない。特に学期中はそんなことをやっている暇は週末だって、ない。そんなわけでずるずると今日まで来てしまった。いや、正月休みに時間はあったのだが、何しろ気に入ったテーマが見つからない。あれもこれもと探してみたが、どうも帯に短し襷に長し。それにもう自分でカスタマイズする気にもならない。なにせシロウトのわたしなので、いじくっているうちに動かなくなっちゃったなんてことも過去にはあったわけで、もうそんな時間をかける気力もない。

ところが、あることに気がついた。Wordpressから直接ダウンロードできるテーマは無料だが、ネットには有料で美しいテーマを提供しているサイトがあるではないか。どうもそこに考えが至らなかったのは、そうしたサービスにお金をかけたことがなかったからかもしれない。
そして、見つけたのがHello Worldというテーマだった。Themehausというサイトからダウンロードしたが、これがまた本当にシンプルで美しい。白がメインで、余白の取り方が絶妙だ。カスタマイズも簡単で、クリックひとつで変更できる。そして、何よりも感心したのが、そのサポートの丁寧さだった。アイキャッチ画像の不具合はテーマHello Worldのせいではないのに、それでも忍耐強くシロウトを相手に対策を考えてくださり、大変ありがたかった。

そして、できあがったのがコレ。
少しレイアウトも変えた。最近のコメントは、こちらに直接書くよりTwitterでもらうことのほうが多かったのでサイドバーから隠し、月別アーカイブもすでにメニューにあるのでこれも隠した。METAデータのウィジェットもいらない。コンタクトフォームは新たに「レンラク」としてメニューに移した。メニューの「ムカシ」は、これから少しずつアップしていこうと思っている「昔の書き散らし」の倉庫用だ。

各投稿からはカテゴリーも消えた。これは個別投稿ページから見られるので必要ないし、オリジナルのテーマにもない。その代わり、投稿の下にソーシャルネットワークと拍手のボタンを、プラグインの「Jetpack」と「まろやか拍手」から導入した。関連エントリも個別投稿ページに設置した。
アイキャッチ画像は、たまに使うつもりで今回も試してみたがどうだろう。

自分でカスタマイズしたわけでもないのにこれだけスムーズに改築できたのは、この有料テーマを使ったからだ。やっぱりアウトソーシングってぇのは大事だなあ、とつくづく思うのだった。