ガレージが開かないよ…

金曜日の晩、帰宅して自動のガレージドアを開けようと車中のリモコンを押した。ガ~ガタン。地上から20センチぐらいでいきなり止まり、そのあとは開けても閉めてもその20センチ以上に行かない。

すぐにガレージショップに電話をしたのが5時10分。もちろん留守電で「土曜日は午前中だけ開いてるよ」とのこと。まさかその日のうちにやってくれるわけはないだろうなあと思ったら、案の定土曜日の8時ぴったりに電話をしたわたしに「いや、今日開いているのは店だけで、ガレージ修理のほうは月曜日から金曜日まで」と言う。それでも「せめて修理担当のひとに話させてくれえ」と食い下がったら10分ぐらいしてその修理のひとから電話があった。
一応どんな状態かを訊くのでガレージまで行ってその説明をしたら、引っかかっているだけではなくどこか故障しているかもしれないとのこと。その間中、赤ちゃんの泣き声がしていて「すみません、子守り中なんで」と言う。ははあ、土曜日は子供とお留守番で、オカアチャンは買い物に行ってるんだろう。
とにかく、月曜日の朝一番に店のほうから電話してその日のうちに修理できるから、というのでやっとこちらも納得して電話を切った。

月曜日はちょうど授業のない日だったのでラッキーだった。
午後になってやってきた修理の男性は、土曜日の電話の声の主だった…がものすごく若い。去年高校を卒業しました、という風情だ。ひょろりと細くてスベスベのほっぺたなんかバラ色である。だが、待てよ、昨日は子供の泣き声までしていたのだった。

ガレージドアは「手動でも開かない」と言っておいたが、彼が開いている部分に手をかけてぐいと引き上げたら、するすると持ち上がって完全に開いてしまった。つまり、わたしの力がなかったわけで、引っかかってはいなかった。

そして、すぐに「ああ、コレだ」と言ったのはちょうどドアの真上の部分。ドアをぐるぐると引き上げる鉄製のスプリングのひとつが真っ二つになっている。

「ひとつだけでも取り替えられるけど、年数を考えるともうひとつのほうも遅かれ早かれダメになるから、両方共取り替えたほうがいいかもしれませんねえ」

というわけで、結局両方共取り替えてもらうことに。
仕事は取り替えるだけなので早い。1時間もかからずにまたドアが開くようになった。

このスプリングには一度引き上げるごとに150キロもの負担がかかるので、古くなればこんなふうに真っ二つになることが多いそうだ。
手前が古いほうの真っ二つスプリング。もうひとつのは、まだ壊れていないけれど一応取り替えてもらったスプリング。どちらも新品と比べるとかなりくたびれている。

費用は日本円にして約4万円。安いのか高いのかわからないが、それにしても今回月曜日の休みの日にやってもらえてラッキーだったし、何より車が中に入っていなかったのは不幸中の幸いだ。「手動で開けられるようになっている」とはいえ、わたしの背丈と力ではとても持ち上げられないからだ。買い物にも行けないところだった。

車だけではなく今度はガレージそのものか…とため息が出たが、そりゃ10年以上同じ家に住んでいたらあちこちガタが来るものである。

初めて洗車ショップに行ってみたら

このところパースで「雨後のタケノコ」のごとく現れ始めた「洗車ショップ」。最低賃金で(と言っても日本と違い時給1200円以上は確実にもらっているが)アルバイト学生や外国籍のひとたちが働いているのだろうが、資格と専門がなくてもその日から働けるだけあって、需要と供給が増えているらしい。そのうえ、ビジネスを始めるのも簡単だ。場所と使用機器さえあればできるのだから。

洗車は去年までは自分で洗車できる店に行っていた。近所で週末に行くのに大変便利だったし、コインを入れると泡が出たり、水が出たり、自分で操作できてしかも全部で500円もかからなかった。

パース中心地からものすごく近く、しかも今じゃ洒落た珈琲店やレストランも並ぶ一等地だ。いつかなくなるだろうなあと思ったら去年いきなり閉店した。

その後行っているのが全自動の洗車ボックスがあるガソリンスタンドだ。これも近所で、ガソリンを入れたあとで洗車とワックスができるし、9回行けば10回目はタダというカードももらえる。一回が大体1000円以下なのでまあまあかな。ただし、全自動の常でしっかりこびりついた鳥のフンなどが残っていることがあるし、洗車のあとは自分でさっと水を拭き取らないと水滴の跡が残ってしまうので少々面倒かもしれない。

もうひとつの難点は、たぶん閉所恐怖症だったら飛び出したくなるだろうということ。いやわたしはそうではないけれど、独りで小さなクルマに閉じ込められてグワングワンという四方八方からのブラシの音を聞かなければならないのは、あまり気持ちのいいものではない。

そんなわけで「洗車ショップ」が近くにできたこともあり、さっそく行ってみた。

自宅から郊外に向かって3キロ、中古車のディーラーが並ぶ一角だ。
わたしのは小型車と言えるので、カーシャンプーをつけて洗い、水滴を拭ってワックスをかけてくれる一番簡単なサービスが、日本円にして大体1700円ほど。車内にも掃除機をかけて窓や機器を磨いてもらうと、これが一気に4000円ほどになる。

ハンドウォッシュと言うだけあって、自分でやるのはめんどくさいワックス掛けや窓磨きまでやってもらえるのはありがたい。

自宅には下水口がレンガ敷きの部分にないので、洗車シャンプーの汚水が全て庭の草木の根に行き渡ってしまってよくない。
だから普段はやはりガソリンスタンドの全自動マシンを使うが、たまにはこんなふうに内も外もピカピカにしてもらうのも悪くないと思った。ちょっと高いけどね。

 

Sue Lewisの至福のチョコレート

パースで「Sue Lewisのチョコレート」と言ったら、「あんなに美味しいチョコレートはない!…高いけど」という答えが返ってくることが多い。
その名高いショコラティエの店は、わたしのお気に入りのレストランPetitionが入っているState Buildingの表の地下にある。ビル自体は重厚で歴史的な建物だが、小さくて目立たないし、外に何も飾りのない看板がそっけなく置いてあるだけなので、気をつけていないと通り過ぎてしまいそうな店だ。

スー・ルイスのチョコレートは甘みを極力抑えていて、オーストラリア人の砂糖をどっさりいれたお菓子の好みからすると、異端のチョコレートと言えるかもしれない。それでも彼女がショコラティエとして有名なのは、そのハーブや果物などの新鮮な材料との組み合わせ、そして全く防腐剤を使わない手作りの姿勢にあるのかもしれない。

今回買ったのは、カルダモンと薔薇の花びらのホワイトチョコレート、そしてチリとカカオフレークのダークチョコレートだ。

白いチョコレートは赤い薔薇の花びらが映えて美しいし、歯ざわりもいいわたしの大好きな1品。そして、普段あまりダークチョコレートは食べないのに、この舌にぴりりと来るチリが楽しくて今回もまた買ってしまった70%カカオ入りのダークチョコレート。

もうひとつわたしの目を引いたのは、丸いブラウニー。

こちらは中にプラリネチョコを入れて焼き上げ、上には塩味ピーナッツが散らしてある。ダークチョコレートとこのピーナッツの塩味が何とも言えない風味で、ねっとりとしたカカオの香りとともに、ああ、至福の瞬間。

どれも防腐剤を使っていないので「早めにお召し上がりください」と念を押されたが、3日と立たずにすっかりわたしの胃の中に収まってしまったのは言うまでもない。