プロヴェドーレス・マーケットで生牡蠣に舌鼓をうつ

土曜日はいつも見逃していたイベント、プロヴェドーレス・マーケット (Provedores Market) に行ってきた。
ヨーロピアン食品の卸業者倉庫の前で催される、年に一回のイタリアン食品マーケットだ。アコーディオンがイタリアン音楽を奏で、倉庫前の広場にはピザ、スパゲッティー、パン、お菓子、そして珈琲の店が立ち並んでいる。

italian8

italian7

散歩のついでに立ち寄るひとも多いと見えて、新鮮な水とクッションまで備えたお犬サマ用カフェまである。

italian2

それらを横目で見ながら…わたしのお目当てはコレだ。その場でこじ開けてくれる新鮮な生牡蠣。

italian5

このオニイサンのすごいところは、素手で親指に指サックをしただけで高速で5秒もたたないうちにこじ開けてしまうことだ。いや、わたしの家にも牡蠣こじ開け用のナイフがあるが、指を傷つけてしまうから軍手装着、ひとつ開けるのに絶対1分以上かかる。そんなわけで、もうこのごろでは自分で開けるなどという大仕事はしたことがない。

オニイサンはしゃべりながら牡蠣を取り、じゃっと一息でナイフを隙間に入れて、するっと開けてしまう。見事だ。

italian4

たった今開けたばかりの新鮮な生牡蠣は、1ダースで約1200円。レモンをたらーりとたらして、口につけ一気にすすりこむ。ああ、至福の瞬間。

italian

ワインなどの酒類は販売していない。卸業者の倉庫前なので酒の小売は許可されていないのだ。これだけがちょっと残念。こんなに新鮮で美味しい生牡蠣をキリリと冷えた白ワインで流し込めないところが。

気を取り直して後ろを振り返れば、おお、イタリアのアンチックな中古車が。と言っても、古いなりに整備されていて、こりゃ高いだろうなあと思わせる風情だ。このFiatなんか可愛らしくて、駐車がヘタクソなわたしにもすんなりと行きそうなくらい小さい(でも、もちろんマニュアル)。

italian3

倉庫の中に入ると、ここでもチーズや豆類やサラミなどが販売されている。わたしが買ったのは日本に持って帰ってお正月のおつまみ用にできる丸ごとサラミを2本。そして、アマレット風味のビスケット。

italian6

お酒は、卸業者なので売ってはいるが4リットル以上となっている。つまりワイン6本分だ。試飲はアルコール分の強いグラッパとリモンチェロのみ。ワインを試飲なしで買うつもりはないので、これだけは断念した。

そのあとは、近くのイタリア食品店でサラミや生ハムなどを切ってもらい、チーズも少しずつやはり切り分けてもらってから、その店の試飲所で試した白ワインを2本買った。

italian9

晩春の遅い午後はまだ少し肌寒いけれど、自宅の庭でゆっくりと楽しむワインとおつまみとおしゃべりで「今日はイタリアンづくしの土曜日だねえ」と呟きながら空を仰いでみる。
明日もいい天気になりそうだ(と思ったら30度まで上がる暑い日に)。

 

近所の日曜マーケットで巨大なサンドイッチ巻きにかぶりつく

日曜日のご近所マーケットは、ショッピングセンター横の空き地で行われる。
時々寄っていたが、寒い冬の雨模様に怖気づいてしばらく行っていなかった。さて、天気がカラリと晴れ渡った日曜日、久しぶりに歩いて行こうと思い立った。全行程2.2キロの散歩だ。行き帰りだと4.4キロ。間にランチや買い物を挟んでいることもあり、まあこのぐらいだったら軽いものだ。

春なので、歩いているだけでボトルブラシの木が満開の真っ赤な花を咲かせているのが見える。そろそろ散り際なのか、道にも赤い絨毯が。

market2

これはたぶんグレヴィレアの一種。オフホワイトの花が重たげに揺れていた。

market3

さて、マーケットのある空き地はかなり広大なので、右に売店が並び、左には椅子とテーブルが据えられていて、真ん中の日差しが強い場所はそのまま開けてある。至ってシンプルな作りである。

market4

market5

歩いたせいでお腹も空いてきたことだし、ずらっと並んだ売店の中からひとつを選んで並ぶ。サンドイッチの店で、並んでいる間に選んだのは「チョリソー・ソーセイジとハルーミのラップ」。平たくて丸いピタパンを拡げて、そこにたっぷりと焼いたチョリソーとハルーミを入れ、サラダもたっぷり。ハルーミというのはギリシア産のチーズのようなもの。最後に好みのソースをかけてくれる。わたしが選んだのはアイオリ・ソース。

market6

オジサンは列の最後だったわたしとおしゃべりをしながら作っているものだから、具を入れすぎて巻けないぐらいの巨大なサンドイッチ巻きになってしまった。

market7

わたしは手が大きいほうだが、それでも半分ぐらいしか握れない。長さは何と20センチ以上はあるシロモノだ。

market8

まだほかほかと湯気をたてているソーセージとサラダはとても美味しくてかぶりついていたが、さすがに大食いのわたしでも食べきれない。半分ほど食べて疲れてきたので、またオジサンのところに戻ってナプキンを多めにもらい、包んでからバッグにいれた。あとでオヤツにしよう。

market9

さて、そのまま行くと小さなテントのようなものがあってひとが集まっている。何だと思って見に行くと、小動物が抱ける子供用の小さな動物園だった。ラマがいて、後は羊やヤギの子供、そしてウサギ。皆とても慣れていておとなしい。

market10

その隣には植物の店。ここでは韓国シソの鉢が売られているのだが、葉は固くてとても生食用にはできそうもない。

market11

「日本のシソはないんですか」と聞くと「ああ、あれは時間がかかるわりにはすぐに摘まないとダメだから売っていないんだけど、種なら来月持ってきてあげるよ」とのこと。さっそく予約だけして、電話番号を残しておいた。

market12

ざっと見渡すと、トマトの苗木もある。5個で約800円。園芸センターよりはるかに安い。釣り書を見ると、色々な種類がありどうしても欲しくなって結局5種類の違ったトマトの苗木を買ってしまった。ついでに、あいちゃんとすーちゃん用の猫草も同じ店で手に入れた。

market13

今日の戦利品だが、よく考えたらトマトが熟れるころにはわたしはまだ日本にいるはず。ギリギリで食べられるかどうかなので、葡萄もトマトももしかしたらまた友だちに採りに来てもらうようになるかもしれない。
何のために買ったんだろう…わたしは。

 

「凹み修理の達人」を頼んでみた

車を運転していると、駐車場で隣の車のドアで凹みをつけられてしまうことが多い。周りの車に関心がなく、勢いよくドアを開けて隣の車にぶつけても何とも思わないひとがいるのは腹が立つが、だからと言って凹みが治るわけでもない。

特にわたしは最近車を買い替えたばかり、通勤に使っていてもまだ2000キロも走っていない新車なのに、運転席のドアにつけられた凹みは毎日イヤでも見なければならない。

見るたびに腹が立つのはさすがにイライラしてきて、とうとう修理専門のひとのお世話になることにした。ネットで調べて出てきた3つの修理屋に電話をかけて、一番対応が親切だった男性は自ら「Dent Wizard」(=凹み修理の達人)と名乗った。

今日の夕方姿を見せたその男性はものすごいスラブ系の訛りがあるが、愛想よく「なんとか直せると思いますけど、そりゃ虫メガネで見たらわかるぐらいは残りますねえ」とのこと。

まず取り出したのは大きな蛍光灯。そのスタンドの下には車輪がついていて動かせるようになっている。この蛍光灯のおかげでようやく写真を撮ることができた。凹みと言っても浅いので、ましてやマックロの車では写真にすると全く見えないのだ。

赤い丸の真ん中がその問題の凹み。バカモンが隣に駐車していた自分の車のドアをガン!と勢いよく開けてぶつけたのがわかる。

car1

場所がわかったら、まず窓を全開にしてから柔らかい布で覆った板をドアと窓ガラスの間に入れてガラスを保護し、平たいつっかい棒を入れて窓ガラスとドアの間に隙間を作る。そこから今度は長くて先っぽが平たい金属棒をすっと入れ、凹んだ部分をもう本当に1ミリ単位でそっと表に押し出すのだ。

car2

こういう修理をどうやってやるのか全く知らなかったので、全部手動で経験だけがたよりというのは興味深かった。
「マッサージと同じでね、もう優しく優しくやってやらないと返ってデコボコになっちゃうんで」なるほど。

ある程度平らになったら、今度は表からプラスチックの棒をこれまたプラスチックの槌でトントントン。

car3

それからもう一度内側から押し出しながら慎重に左右上下を点検し、終わったらまた表からトントントン。これを何回か繰り返して完了。

後は細かい紙やすりでちょっとこすってから、今度はクリームを塗って磨く。

car4

終わったら凹みは影も形もなくなっていた。これはスゴイや。

実は運転席の後ろのドアにももう少し小さい凹みがひとつ、そして助手席にも小さいのがひとつ。これも丁寧にやってくれた。

car5

左後方にはやはり擦られた跡があるので、そこも紙やすりで擦ってからクリームを塗って磨く。

car6

全部終わったのは1時間後。費用は日本円にして約1万5千円。お金はかかったけれど、凹みも擦り傷も跡形もなくきれいになった。

こういう修理をしてもらったのは初めてだったが、何でも大まかなオーストラリアでこんなに細かい作業を丁寧にしてもらえるとは思わなかった。ま、スラブ系のアクセントが強いということでオーストラリア人じゃないけどね。わたしは、ここではいい加減なサービスやら修理やらで結構イヤな思いもしているので、今回は純粋に嬉しかった。

終わってから洗車にも行ってきたので、車はピカピカ。明日からは、運転席のドアを開けるたびに「コノヤロコノヤロ、ヨクモヤッテクレタナ」と悪態をつかなくても済むってのが何よりである。