パース観光の目玉になる「はず」のエリザベス・キーへ

土曜日は朝起きたらなんだか曇り空。昼間の雨の確率は10%以下だというので、友達を誘ってスワン川の散歩へ。

空には依然として雲が多いが、時々晴れ間も見える。Point Fraser(ポイント・フレーザー)に車を停めて川べりの徒歩路を歩き、Elizabeth Quai(エリザベス・キー)まで2.6キロ。ポイント・フレーザーから対岸のSouth Perth(サウス・パース)の眺めは、高層建築がないためか平坦。相変わらず空だけは大きい。

途中で見た花。たぶん西オーストラリア原生植物だと思うが、名前がわからない。

工事のクレーンが見える場所が到着点。曇り空で景色に色が欠けているのとこんなまっすぐな道をひたすら歩くのとで少々退屈なウォーキング。友達と話しながら歩けるのがただひとつの救いか。

30分強ひたすらまっすぐにあるき続けてたどりついたのがここElizabeth Quai(エリザベス・キー)。以前から船着き場があり、住民はあまり気にも留めない(失礼)ベルタワーという比較的新しいタワーもある。高さ82.5m、18個のベルが時間に合わせてリンゴンと鳴る、パースの観光名所だ。

このベルタワーの前を通り過ぎて広場に着くと、こんなふうな眺めが広がる。天気がよかったらもっときれいなのに、とブツクサと言いながら写真を撮った。

パースの高層建築の群れだ。パースは人口200万ほどの小さな州都なので、これでもわたしが住み始めたころより3つほどビルが増えている。

噴水が吹き出すウォーターパークもできた。もっとも、この水が汚染の基準を超えていて一時期水が出ないウォーターパークではあったが。

レストランもいくつか出来上がっているが、やはり子供連れの客には少々敷居が高いとみえ、ハンバーガー屋に客が沢山列を作っていた。つまり、わたしたちもその列に並んだということだ。レストランでひとり4000円以上のランチをするのは予定に入っていなかったので。

このハンバーガーが意外や意外、かなり美味しかった。パンはよくあるファストフードの甘いフワフワのものではなく、かなりしっかりした噛み心地がいい。挟んだハンバーグはきちんと手で成形してあり、牛肉が荒く挽いてある。フライドポテトは、Beer batteredと呼ばれるビールにくぐらせて揚げてあるもので、カリカリとした歯ざわりが残る。V-Burgerは確かウチの近所にも店があったと思うが、まだ行ったことがなかった。

そしてコチラはおこぼれを待つ海燕。あげないよ。海燕に餌をあげると大群で押し寄せることから、こうした外の飲食店ではあまり好まれない鳥なのだ。

少し歩くと恐竜が。隣の催し物会場で恐竜展をやっているらしい。
がおー。

今工事中のビル群は高級ホテルと超高級マンション。つまり庶民のわたしたちには関係のない建物ばかりだ。
週末の散歩にはいいかもしれないが、盛夏に40度を記録するパースではいかにせん日陰が足りない。こんなに日差しの強い場所で何をしろと言うのか…。また、催し物があるときには屋台が立ち並ぶが、今日のようになにもイベントのない週末には行ってもすることがない。
元々パースの繁華街とこのエリザベス・キーはかなり離れている。間にビジネス街が挟まれていて、観光の流れとしては不便だ。交通機関はバスのみ。駐車場は1時間10ドル(約900円)の私設パーキングばかりだ。

全て完成すればまた変わってくるのかもしれないが、建設には州政府に400億円もかかり、また維持費だけで年に約4億円ほどかかる。全て州民の税金にしわ寄せが来るわけだが、それに見合うだけの評判と収入が得られないというのが前政府の最大の失敗と言われる所以だ。

わたしも昨年この新しいエリザベス・キーがオープンしてから初めて行ったが、なにか催し物でもない限り行かないだろうなあ、というのが今のところの感想だ。

帰りはまた歩いてFraser Pointまで戻ったが、近くの沼地でアカライチョウ(Moorhen)がヒナを連れて歩いていた。くちばしが赤いのが特徴だ。カメラを向けると、ヒナを護るためかじっとこちらを見つめている。それ以上近寄るのもかわいそうで、ぱちりとひとつ写真を撮っただけで母子を残してそそくさと立ち去った。

ちょうど顔にふたつぶほどの雨が落ちて「あ」と思ったところだ。そのまま車に乗り込み、スーパーで買い物をしてから家に戻るとすぐに大粒の雨がざざっと降り始めた。

土曜日のその晩は寝られないほどの暴風雨で、風が窓やドアを叩き、外の木々が揺れる音がいつまでも続いていた。

パースの丘・キングスパーク:ワイルドフラワーの色に酔う

わたしの家からキングス・パークは結構近い。トンネルが混んでいると時間がかかるが普通は15分ぐらいか。先の記事にも書いたとおり、ギネスブックにも載る世界で一番大きい市内公園だ。約4平方キロメートル。

日曜日の午後はひとが多く、15分ほどグルグル回ってようやく駐車できたので植物園に入った。

色とりどりの花が満開だ。レスマーディのように野生のワイルドフラワーとは違い、こちらでは庭師が入って毎年美しく配置された花々を見ることができる。

芝生の上に椅子を並べてピクニックをしているひとたちも、そのまま芝生に寝そべっているひとたちも、その間を縫って駆け回る子供たちも、ようやくやってきた春の日差しと美しいワイルドフワラーを愉しんでいる。
見上げれば大きな木の上に色とりどりのロリキート(オーストラリア産の野生のオウム)たちが、騒がしい金切り声で鳴き叫んでいる。こういうときにはいい望遠レンズがほしいなあと思うが、側にはわたしの腕より長いのではないかというレンズを抱えて鳥たちを撮っているひともいる。いや、あんなに沢山のレンズを持って歩き回るのはモノグサなわたしには無理かもしれない。

9月の間は週末のたびに無料ガイドたちの様々な散歩ツアーも企画されているし、カフェもレストランも開いている。わたしが好きなのは、ここのギャラリー・ショップだ。様々な工芸品やワイルドフラワーの本などが並び、観光客で賑わう店だ。売上はこのキングス・パークの維持に貢献しているらしい。

いずれにしろ、このワイルドフラワーの季節は西オーストラリア州の州都パースがいきなり華やかになるとき、と言ってもいいと思う。

パースの丘・レスマーディ:パーススカイラインの眺めとワイルドフラワー

英語にはJaunt(ジョーント)という言葉がある。
行楽のための旅行、物見遊山などの意味で、出張なども含まれる広い意味のTravelとは違う。今日のほんの4−5時間ほどの旅はそんなJauntのひとつだ。

天気はよかったが雲が多い。それなら丘から景色を眺めようと、パースにある丘に行くことにした。パースはどちらかというと平坦な地域なので、「丘」と呼べる場所はふたつしかない。レスマーディ(Lesmurdie)という町の近くのパース・ヒルと、ギネスブックにも載る世界最大の市内公園キングス・パーク(Kings Park)だ。わたしの家からはどちらも30分ほどの距離。

レスマーディの丘は国立公園の中にあり、1−2時間のハイキングもできる場所だ。着いてみたらかなり沢山のひとたちがピクニックをしていて楽しそうだ。ランチを持ってもう少し早く来ていたらハイキングもできたな、と少々残念。
鳥のさえずりを聴きながら小さな小川の流れに添って丘の上まで来ると、パースのスカイラインが遥か彼方に見えた。今日は雲が覆っているので視界はあまりよくないが、それでも輪郭はよくわかる。

丘の麓には上からの滝が流れていて、若いひとたちが降りて遊んでいる。かなり急な石の斜面なので「危険」の看板も出ているが、それでもかなり沢山のひとたちが俗に言う「自己責任」のもとに垣根をかいくぐって降りていく。

そこまで行かなくても、ハイキング路のまわりにはすでに西オーストラリア名物のワイルドフラワーが満開だ。ここはすべて野生の花々だ。春しか咲かないので、この季節は暖かくなることもあって週末はハイキングやピクニックをする家族たちが多い。

帰り道の小川のほとりで小さな子どもたちを連れた家族とすれ違った。と同時にサングラスを落としてしまったら、3歳ぐらいの子が「あ、落としましたよ」とさっと拾ってくれた。「ありがとう」と言ったらニッコリと笑って「いや、どういたしまして」とハッキリと答えて大人っぽくうなずく。こういうのは家でのしつけなのだろうなあ、と妙に感心してしまった。

さて、朝ゴハンしか食べていなかったので1時半ごろになると少々お腹もすく。車で10分ほどのカラマンダー(先月内視鏡検査をしてもらった病院もここにある)のパブでランチにした。
これは、醤油と五香粉の効いた豚肉ローストとグリーンサラダ。揚げたビーフンがアクセントになっている。ドレッシングも少々アジア風、甘いチリソースが加えてあって美味しかった。例によって3人分ぐらいの量だったが。

もうひとつの注文はこのラム肉のハンバーガー。少々乾いていて飲み込むのにビールが必要なくらい。フライドポテトはこんなふうにきちんと揃って切られているので、たぶん冷凍なのだろう。

パブめしはこんなふうなものが多いので、パース市内にいるときはランチにアジアめしが多くなる。パブめしより安くてしかも美味しいので当然かもしれない。

腹ごしらえが終わったら、そのまま市内に戻ってもうひとつの丘、キングス・パークへ。