休暇の考え方の違い

やることは沢山あるが、あえてやらずに日曜日の夕方まで残しておく。日曜日の西日が射してくるころになると、どうせじりじりとわたしのオシリにも火がつくのだ。

そんなわけで、今回の土曜日は買い物を済ませたあと何もしない。
嫌がるゆきちゃんにブラシをかけ、あとはゴロゴロとわたしも一緒に寝そべって本を読んでいただけである。

金曜日には4時半まで学校に残って月曜日の準備をしていたのだが、「ああ、休みがほしいっ」と同じく残っていた同僚教師が叫んだ。
教師は学生とともに休暇がたくさんあって羨ましいわあ、などと言うひとたちは、わたしたちがほとんどの週末を費やして授業の準備をすることを、忘れているようだ。数えてみたら、わたしは週50時間以上学校の授業とその準備に時間を費やしている。

休みと言えば、教師でなくとも1年にいっぺんは長期休暇をとるのが、西洋人の考え方である。
わたしも日本から出るまでは、休暇と言うのは、箱根の温泉にでも一泊して、観光もして、カラオケも歌って、土産物をサンザ買い込んで、日曜日の晩に疲れて帰ってくるものだと思っていた。海外旅行に来る日本人も皆、秒刻みのスケジュールをこなしているではないか。

しかし、違うのだ。
最低2週間同じ場所でゆっくりしなければ、彼らは「休暇」とは呼ばない。
普通、日常の疲れと仕事のストレス、または「やるべきこと」から完全に思いが離れるのは、休暇の1週間が過ぎてからである。1週間過ぎれば、段々と気持ちや身体も休暇モードに切り替わる。周りの景色が楽しめるようになる。本がゆっくりと読める。夜更かしをすることが、快感になる。酒や食事がゆっくり味わえるようになる。
そして仕事に戻る1−2日前から段々と来週からの仕事に思いを馳せるようになり、「ああ、休暇ってなんて短いんでしょう」とぶつぶつ言いながらも、リフレッシュした心と身体で日常に戻ることができるのだ。

わたしのバンコクへの「里帰り」は、だから「休暇」ではない。
自分のウチとオフィスに帰るのは、ひとつの「日常」からもうひとつの「日常」に横の移動をすることであり、リフレッシュするという言葉とはほど遠い。
来月のバンコク行きチケット予約確認のメイルが、旅行代理店から来ていた。
その最後の言葉が「よい休暇をお楽しみください」だったので、小さなため息が出る。

————————————————————

脂肪分の極端に少ないクリーム(脂肪3%以下)というのが、こちらではスーパーでも手に入る。それを使って、今晩はトルテリーニのソースを作った。
マッシュルームと玉ねぎを刻んで炒め、白ワインを入れて半分になるまで煮つめる。ついでに少々くたびれたホウレンソウも刻んで入れた。それにスープとクリームを加え、茹でたトルテリーニにさっとかけて出来上がりだ。
見た目は普通の脂肪分40%以上のクリームとさして変わらないが、味は少々さらっとしている。これなら胃にもたれる心配もないのが、嬉しい。
しかし、さらっとしているからまあいいかと残りの白ワインを開けてしまったので、「低カロリーディナー」のモクロミは泡と消えた。

豪州でも「いじめ」はある

子供たちに接していると、どの子が「いじめっ子」なのかわかる。周りの子供たちの彼に対する反応が、微妙に臆しているからだ。

日本の話だけではなく、実際にオーストラリアでも「いじめ」はある。それが証拠に、スタッフルームのポスターには、そうした子供たちの電話相談や面談の記事が載り、「いじめ」についての公開講座も行われている。特定の子供が「いじめ」にあっているようなので、教室内で気をつけること、などと秘密扱いの名指しでメモが回ってくることもある。

今日も、そんないじめに遭っている15歳の少年が自殺未遂をした。
わたしの同僚教師の甥である。
彼女の携帯に電話がかかり、その知らせが来た。どうやら命はとりとめたようだが、原因はその少年がゲイだったことにある。大人の社会でもまだ偏見を持っているひとたちがいるが、子供の世界はもっと残酷だ。毎日のようにいじめられ疎外されていたらしい。
彼の自殺はこれで2度目だと言う。こういう話はやりきれない。

わたしのクラスにもひとり、とても優しげな瞳に女性らしい仕草の少年がいる。彼は決して男の子たちと交わらない。一緒にいるのはいつも少女たちだ。9年生の少年たちは皆思春期の始まりで、大人になりつつある体と心の不一致から、扱いにくくなる時期にある。かなり荒れたクラスが多くなるのもこの9年生たちだ。
そんなクラスに置かれるのが嫌で、彼は去年8年生のときに猛烈に勉強した。「センセイ、日本語がもっと出来るようになれば、9年生になったときに選抜クラスのほうに行けるんでしょう?」と必死の瞳でわたしに聞いて以来、一生懸命がんばり、テストのたびに「ボクの成績は選抜クラスに十分ですか?」と確認してきた。
9年生選抜クラスは成績優秀な生徒の集まりで、平均的に少女たちのほうが語学能力が優れているため、少年は3分の1にも満たない。反対に普通のクラスは、はるかに少年が多いのだ。
年度末のクラス調整の際、彼の成績は優秀ではあるが選抜クラスに行くには少々足りなかった。しかし彼の日常の友人関係を見れば、少女が数人しかいないクラスで「いじめ」の起きる可能性が大きいのは明らかである。

そうした理由をもとに、わたしが強く押したこともあり、彼は今年から9年生選抜クラスに行くことになった。
今年はそんなわけで、彼はとても嬉しそうだ。廊下で会ったときに「センセーーー、ボク今年はまたセンセイのクラスです。それも選抜クラスです。」と頬を染めて話しかけてきた。
この優しい少年が、今後残酷ないじめに遭わないことを願うばかりである。

————————————————-

今日の夕飯は、冷蔵庫の残り物炒めだ。週末が近づくとこうしたメニュウになるのは、土曜日の買い物のときまでに、古い野菜を全て一掃したいからだ。
トマトもブロッコリーも牛肉もほんの少しづつなので、全部中華風ゴマ味噌でささっと炒めてしまう。彩りが何だかとても綺麗で、食欲が出てきた。

「仙人」はディーラー見習いに応募

週の半ばだと言うのに、あまりよく眠れないせいか疲れた。こういうときは、仕事なんかしないで、テレビを観たり本を読んだりするほうがいい。

ところが、本を開いたとたん「仙人」から電話があった。
わたしの教師友達のひとりだ。背が高くてエンピツのようにかりかりと痩せているし、どうも俗世と性が合わないくせに色々なことに手を出すシンガポール人でもある。だから「仙人」だ。
30も過ぎたので、シンガポールの親がなんと強引に見合いの相手をパースに連れてきたらしい。しかし、あちらでも「三高」は流行だそうで、「背が高いのと高学歴はあるけれど、金がないからなあ」という彼の言葉から、どうやら断られる見込みだ。

「それはそうと、教師の仕事だけじゃなくて、他にも履歴書送った。」どこだと聞いたら、なんとでかいホテルのカジノでディーラー見習いの口だと言う。アジア政治史、中国古典、日本文学で3つも修士を取っておきながら、なんで今度はディーラーなんだ。
その前には教師の口がなくて、「身分を隠して」レストランのキッチン手伝いなんかしていた。キッチンの手伝いなんぞ、彼のような高学歴の履歴書を披露したら悪い冗談かと思われてしまうからだ。

わたしも去年は半年ほど教師の口がなくて失業していたが、彼の場合はもっと運が悪いようだ。
「今度また刺身用の新鮮な魚を買って行くから、寿司食べさせてねえ」とノンキなことを言っているが、そんなお金あるのかいな。

————————————————-

学校近くの民家で、まだ青い葉に巻かれたままのトウモロコシが1本約40円で売られていた。どうやら知り合いだか親戚だかの農家からのものらしい。2本購入して、うちに帰って葉を広げみると、中からすべすべと輝く豆がずらりと現れた。

実家でトウモロコシを食べるときには、いつもシンプルに茹でるだけ。それに塩をすりこんでかぶりつく。
そう言えば父もこれが好きだったと思い出し、さっそく写真の前に供えた。小さな皿の上に塩をふったトウモロコシが半分。その傍で、残りの半分を口にしながら「美味しいねえ」と呟いてみる。