バッセルトンへの日帰りドライブ旅行:Capel Valeワイナリー

夏休み(注:オーストラリアでは12月と1月)が終わって新学期が始まってから、まだ一度も遠出をしていない。「ちょっとお出かけ」というのはストレス解消にもってこいなのに、ここ2ヶ月どこにも出かけていないとは何ということだ。
とは言っても、ここはギネスブックにも載る「世界で一番孤立している都市パース」だ。つまりどこに行くにも遠い。2時間ぐらいならまあ大丈夫だろうと探してみたら、バッセルトン(Busselton)があった。ここには南半球で一番長い1.8キロという木製桟橋があり、その終点の海中観測所ではサンゴ礁も見られる。

決めた。

高速道路をパース近くだったら100キロでぶっ飛ばし、郊外になったら110キロにスピードを上げれば2時間半の道のり。日帰りで行けるぎりぎりの距離だと思う。

日曜日に早く起きることもないよね、と8時半まで寝坊し、珈琲を入れた魔法ビンを持って出発したのが9時半だった。
さて、どれだけパースの「外」が田舎かというと…車の前方はこんな感じ。

左を見てもこんな感じ。

サイドミラーで後ろを見てもこんな感じ。

つまり、真っ青な空と低木がぽつんぽつんと見えるだけの平坦な広野以外、何にもないのである。これがほとんど2時間半の間延々と続く。今日は日曜日だから比較的車もないが、平日だとロードトレインと呼ばれる全長10メートルにも及ぶ連結された列車のようなトラックが走っていることもある。

今回はバッセルトンだけではなく、以前行ったことのあるCapel Valeというワイナリーでランチを取った。2年前、マーガレット・リバーに行く途中に寄ったワイナリーだ。

ここのリースリングがふくよかなシトラスの味わいで美味しかったのを覚えていたので、また12本1ケースを購入。今回は会員登録もしたので20%引きだった。ランチはここのレストランの特色であるワインの種類にマッチしたメニューから、またリースリングマッチを選んだ。もちろん、リースリングも1本。ほんの少し変わっているのは海老が帆立貝になったこと。

以前と変わらず美味しいワインと食事なのだが、ローズマリークリスプと呼ばれる長いカリカリのスティックパイ。塩を間違えて入れたのではないかと思うくらい塩辛くて、とても食べられない。他のものが美味しいのに惜しい。一応スタッフには伝えておいたが、去年から新しいシェフが入ったらしく、味も変わってしまったのかもしれない。それにしてもこんな塩のかたまりのようなクリスプは、自分で食べてみればすぐわかるだろうに。

ワインを郵送してもらう手続きをして外に出ると、ワイン畑の上に低く雲が広がっていた。

駐車場に続く小径は花が咲き乱れていて、香りがさらりと鼻をくすぐる。

さて、ここからバッセルトンまでは30分ほど。ジェッティーのチンチン電車と海中観測所のパックはすでに予約してある。十分に時間の余裕をみてワイナリーを出発した。

ヴィクトリアパークのPiyawat the Sweetery

毎週土曜日には買い出しに行くスーパーマーケットの近くに、去年新しい小さなカフェができた。名前がタイ語なのでタイ風のお菓子でも出すのかなと思ったら、食事もできると気づいたのはもう12月になってから。

それからはもうかなり常連だ。
簡単な一膳めしとそれと同じような材料のサンドイッチやピタパン。どれもタイのスパイスやチリが効いていて美味しい。朝の8時から夕方6時までしか開いていないのは、どちらかと言うと珈琲とデザート、または朝食とランチの客がほとんどだからだろう。朝食はかなり充実していて、オーストラリアンスタイルの卵、ハム、チーズ、ソーセージなどのついたボリュームのあるものも注文できる。わたしは週末のランチによく行くが、毎回珍しいものを頼めるのが嬉しい。値段もかなり安い。

こちらは「お勧めマーク」のついているトムヤム味の大海老ソテー。こんなふうにサワーブレッドか、またはタイのジャスミンライスを選ぶことができる。タイ語ではタクライと呼ばれるレモングラスが使ってあり、ココナッツミルクのコクが大きな海老に絡まっている。

これはギリシャ料理でよくあるほうれん草とベーコンとチーズの組み合わせ。だがそれが春巻の皮で包んで揚げてあり、添えてあるのはチリを加えたマヨネーズソースだ。

オープンサンドイッチも、味はタイ風だ。マッシュルームと野菜が炒めてあり、サラダとトマト、そして半熟の目玉焼きが一番上に。手で食べるよりナイフとフォークを使ったほうがいいサンドイッチだ。さっそくナイフで切ると、半熟の黄身がとろりとはみ出した。

こちらはタイでもおなじみのチリとバジルとチキン、そして山盛りの野菜の炒め物にジャスミンライス。タイ料理とは言え、サイズはオーストラリア標準に合わせてあり、バンコクの屋台で食べる量の3倍ぐらいある。

普通のタイ料理店と違うのは、ここはあくまでもカフェなのでデザート類も揃えているというところだ。日本人の大好きなイチゴが乗っているショートケーキもある。一度食べたチョコレートムースもとろりとリッチな味わいだったし、チョコバナナケーキも軽くていくらでも食べられそうな感じだ。

でも、一度は食べたいと思っているがいまだに実行できない一皿がこちら。

見るからにカロリーが高そうなのでちょいとひるんでしまうが、このトーストは昼下がりの珈琲のためにやってくるオーストラリア人が皆何だか頼んでいるので、どうしても気になる。
ただし、ランチの後にすぐ食べられるかと言うと…とてもじゃないが無理だ。バンコクの「普通のカフェ」でアイスコーヒーを頼むと、頭が痛くなるほど甘いのが出てくるのを思い出した。

夕方に友達とふたりで行って「半分コ」かな、と密かに計画だけは立てているのだが。さて。

Save

Save

Save

パスタマシーンでつくる「自家製」パスタの世界

冷蔵庫一掃の「残り野菜でつくる…」はわたしの料理とも言えない料理の定番だが、一週間に一度やらないと冷蔵庫はパンパンになってしまう。
ただザクザクと切ってチャーハンに混ぜたり、さっとローストしてオリーブオイルとレモン汁とディジョン・マスタードで和えたり、塩コショウで炒めただけで仔牛肉の薄いステーキに添えたり、色々と工夫はしている。

ところが去年パスタマシーンを買ったおかげで、パスタだけは自分でつくって残り野菜を合わせるなどということが増えた。このパスタづくりというのは、結構楽しいものである。いや、パスタ「づくり」などと言っても、これは粉と水と卵をあわせて容器にセットするだけだ。後はマシーンがしばらくこねてくれて、後は音が変わると「にゅるりにゅるり」と生パスタが小さな穴を通して出てくるのだ。いとも簡単。
そりゃセモリナ粉と普通の小麦粉の分量は試行錯誤の繰り返しだが、それでもできたてのパスタというものは非常に美味しい。

最初につくったのは極普通のスパゲッティーだった。コネが終わるとこんなふうに出てくる。適当なところでさっと切りながら出て来るのを待つのは…実はとても楽しい。

この生パスタを使って魚介類(イカ、海老、ムール貝)のスパゲッティーに。

次に試したのがラビオリ。こちらは丸い円に区切られた部分からニョロリと出て来るので…初めて見たときには「ポルノ映画に出てきそうな奇怪な形」にビックリしてしまった。

気を取り直してそれを伸ばし、冷凍の海老とほうれん草を解凍してみじん切り。その具で包んだのがこちら。大玉の卵を使ったため、何だか色がイヤに黄色いが味には問題なし。

そして、土曜日に新たに購入したのが、このカッペリーニ用のシェイピングディスクと呼ばれるパーツ。スパゲッティー用より穴が小さいので、細麺のカッペリーニ(別名エンジェルヘア)ができるのだ。

今晩はこれを使って、いつもの冷蔵庫一掃だ。ズッキーニ、ニンジン、ナス、赤ピーマン、マッシュルーム、アスパラガスなど、全部中途半端な量の残り野菜を全て荒く切り、天板に並べてオリーブオイルスプレーをかけてから180度で焼き色が着くまで焼く。
その間にトマトソースだ。パサータと呼ばれるホールトマトを潰した瓶が売っているので、トマトを潰す手間が省けるので最近はこれを使っている。鍋にオリーブオイルを熱し、潰したニンニク痛めて香りが出たらそのトマトソースを入れ、塩コショウしてひと煮立ち。
ローストした野菜を加えて、軽く混ぜる。

さて大鍋に湯をグラグラと沸かし始めたら、最後にカッペリーニをつくる。生パスタは茹で上がりが2−3分と早いので、最後にしておかないと他のことをやっている間にぐんにゃりしてしまうからだ。パスタはあくまでアルデンテなのである。

いい具合に細麺が出てきて、嬉しくなってしまった。ソースのからみがいいので、わたしはこのカッペリーニが大好きだ。
そして、出来上がったのが冒頭の「残り野菜のカッペリーニ」。ソースをかけて庭からむしってきたバジルの葉を散らし、パルミジャーノチーズを削る。

シンプルだけれどローストした野菜の旨みとカッペリーニがからまりあって、うん、美味しい。

(注:パスタというのはイタリアの麺類の総称で、スパゲッティーもラビオリもカッペリーニもその一種です)

Save

Save