軽いオレンジヨーグルトケーキをチョコレートでくるむ

昨晩、日本人だけの「しゃぶしゃぶパーティー」に呼ばれた。

ひとを夕食に呼ぶというのは準備だけでも大変なので「デザートはわたしが」と申し出ておいたが、土曜日は色々と用事があって帰ってきたのはすでに午後。いつも行く手作りパンとお菓子の店で買ってしまおうかとも思ったが、子供のいる家庭なのでやはり大きめのものをささっと作ってしまおうということに。

オーブンは180度に温めておき、その間に次の材料を集めて全部混ぜ合わせる。
削ったオレンジの皮 2個分
オレンジジュース 大さじ2
卵 2個
砂糖 1.5カップ(注:オーストラリアのカップは250mlなので375ml)
べジタブルオイル 3/4カップ(=188ml)

次の材料を加えてまた混ぜる。
ナチュラルヨーグルト 1カップ(250ml)
小麦粉 2カップ(500ml)茶こしなどで濾しておいたほうがよく混ざる
ベーキングパウダー 小さじ3
塩 小さじ1

いつものわたしの料理はいいかげんな目分量だが、さすがにケーキやパンのときはきちんと計量している。ここまでいいかげんにすると、ふくらまなかったりふくらみすぎて割れたりすることもあるからだ。
ただし、わたしはベーキングパウダーは使っていない。オーストラリアにはSelf Rising Flourというすでにベーキングパウダー入りの小麦粉が売っているからだ。ケーキを焼くことの多い国ではこういうものがあって便利だ。マフィンなんかもこれでさっとできてしまうしね。

さて全部混ざったら、バターを塗って小麦粉をはたいた20cmのケーキ型に流し込んで、オーブンで45分。この時間はオーブンのくせにもよるので、表面がきれいな焼き色になって楊枝がすっと通ったら出来上がりだ。これだけでも美味しいし、粉砂糖をふりかけただけで立派なケーキに「見える」が、今日は招かれた家に持っていくのでチョコレートでコーティングすることにした。

冷ましているあいだにリンツのダークチョコレート75%を刻み、それだけじゃ足りないのでオレンジダークチョコレートというヤツも少し足して、全部で200gほどボウルに入れておく。

クリームを200−250gほど用意して火にかけ、ボコボコと煮立ったらすぐにチョコレートにかけて8の字に混ぜ合わせていくと、とろりとした艶のあるチョコレートクリームに…というよりちょいとサラサラしたソースと言うべきか。

冷ましたケーキを網にのせ、下にはベーキングペーパーと皿を敷いて、さあこれからが楽しい。チョコレートソースを真ん中にたらーりたらーりと垂らしながら、スプーンの背で伸ばしていくのだ。表面から垂れたチョコレートを側面になでつけ、まんべんなくチョコレートがついたら出来上がり。

上にちょんと乗っているのはオレンジの皮。これは本当なら砂糖とコアントローに水を加えてからちょっと煮てからめたほうが美味しいのだが、時間がないので省略、飾りとしてそのままちょんと載せただけだ。
こういうところは臨機応変というか、ズボラだよなあ…。

切り分けた写真がないのが残念だが、中はスポンジケーキのように淡い黄色で所々オレンジの皮がきれいな色を添えている。バターを全く使っていないので、どちらかというと軽い(つまりいくらでも食べられる)ケーキだが、オレンジとチョコレートはとてもよく合うし、ヨーグルトでふわりとした食感だ。

今回は珍しくレシピのように計量も載せているが、見てのとおり恐ろしく簡単で、焼いたり冷ましたりする時間も入れて2時間ほどしかかかっていない。つまり作っている時間は30分もない。このぐらいだったら、「忙しくてケーキを焼くヒマもない」という言い訳にもならない。

まだ中ほどは温かくチョコレートもとろとろしたまま持参したが、しゃぶしゃぶを食べ終わったあたりにはちょうどいいぐあいに柔らかく固まっていてホッとした。

Sue Lewisの至福のチョコレート

パースで「Sue Lewisのチョコレート」と言ったら、「あんなに美味しいチョコレートはない!…高いけど」という答えが返ってくることが多い。
その名高いショコラティエの店は、わたしのお気に入りのレストランPetitionが入っているState Buildingの表の地下にある。ビル自体は重厚で歴史的な建物だが、小さくて目立たないし、外に何も飾りのない看板がそっけなく置いてあるだけなので、気をつけていないと通り過ぎてしまいそうな店だ。

スー・ルイスのチョコレートは甘みを極力抑えていて、オーストラリア人の砂糖をどっさりいれたお菓子の好みからすると、異端のチョコレートと言えるかもしれない。それでも彼女がショコラティエとして有名なのは、そのハーブや果物などの新鮮な材料との組み合わせ、そして全く防腐剤を使わない手作りの姿勢にあるのかもしれない。

今回買ったのは、カルダモンと薔薇の花びらのホワイトチョコレート、そしてチリとカカオフレークのダークチョコレートだ。

白いチョコレートは赤い薔薇の花びらが映えて美しいし、歯ざわりもいいわたしの大好きな1品。そして、普段あまりダークチョコレートは食べないのに、この舌にぴりりと来るチリが楽しくて今回もまた買ってしまった70%カカオ入りのダークチョコレート。

もうひとつわたしの目を引いたのは、丸いブラウニー。

こちらは中にプラリネチョコを入れて焼き上げ、上には塩味ピーナッツが散らしてある。ダークチョコレートとこのピーナッツの塩味が何とも言えない風味で、ねっとりとしたカカオの香りとともに、ああ、至福の瞬間。

どれも防腐剤を使っていないので「早めにお召し上がりください」と念を押されたが、3日と立たずにすっかりわたしの胃の中に収まってしまったのは言うまでもない。

「寿司ド」というマカ不思議なドーナッツ

バンコクに戻ってから何日かぶらぶらと遊んでいる。実は、月曜日から始まる新学期までに「わたしの代わりに来てくれる教師のために」仕上げておかなければならない残り仕事があるのだが、どうもそんな気になれない。
過激に忙しい日々から長期休暇への狭間にいるので、何となく集中力が戻ったり戻らなかったり。

centralworld今日は久しぶりに街中のCentral Worldへ。
あの2009年死者まで出した「赤シャツ騒動」で付近一帯占領されて一角が炎上したCentral Worldだが、今回やっと全て修復工事が済み再オープンとなった。いや、大きい。とても全部回り切れないし、何しろどこに何があるのか皆目見当もつかないほどの巨大なショッピングセンターだ。

疲れ果てて、結局は馴染みのISETAN辺りでショッピング。
普段ファストフードはほとんど食べないわたしだが、これには「ぎょっ」として思わず1個買ってしまった。SUSHIDOだ。

sushidoたぶん関西で言われる「ミスド」と「寿司」をくっつけた造語なのだろうが、タイのMr.ドーナッツではこんな不気味な寿司の詰め合わせが買える。俵型のドーナッツの上に乗っているのはジャムやらクリームやらの「甘い」ネタ。

衝動買いしてしまったSUSHIDOを、家に帰ってひとつ試食してみた。甘い。人工的なバニラの香りが強すぎる。うーん、あまり美味しいものではないなというのがわたしの感想。しかし、こういう子供のおもちゃみたいなドーナッツは、たぶん他の国ではウケないのではないかねえ。

YouTubeでSUSHIDOのコマーシャルも見つけたので、最後に紹介しておく。