エカマイのOlive Greek Restaurant

以前住んでいたバンコクのマンションから歩いて3分ほどの近所に、地中海料理・ギリシャ料理の店がある。住宅街の入り組んだ細い道に面したとても小さなレストランだ。店の看板「Olive」が高く張り出ていなかったら、通り過ぎてしまいそうに住宅街に溶け込んでいる。
隣には汁ビーフンのもっと小さな間口の店があって、バイクタクシーの兄ちゃんたちのたまり場だ。時々サッカーに興奮した彼らの「おう」だの「よーよー」だのの掛け声がひっそりとした道に響き渡っている。

明るい店内に入ると、カラフルなクッションが居心地良さそうに沢山並んでいて、どこかの家に招かれたような雰囲気だ。

ここでの定番はMezze(メッゼ)と呼ばれるアペタイザーの大皿だ。メッゼは特定の料理を差すのではなく、様々な肉料理、チーズ、揚げ物、ディップ、オリーブなどを並べてあり、要するに酒を飲むためのつまみのようなものだ。

「Olive」のメッゼはふたつある。ひとつはクラシック・メッゼと呼ばれるオリジナルのものをまとめた大皿、もうひとつはそれにラム肉炒めとソーセージが追加されたさらに大きいセットだ。ギリシャサラダも食べたかったので、今回はこのクラシック・メッゼを注文し、自家製のポークソーセージを1本追加した。メッゼはひとつひとつ好みのものだけを選んでセットにすることもできる。

クラシック・メッゼの肉料理は三つ。チキンスブラキと呼ばれる鶏肉の串焼き、ラム肉の丸いパテ、そして春巻きのようだが実はもっと薄いフィロペストリーの皮で鶏挽き肉とハーブを巻いたもの。そこに、3つのディップ(自家製ヨーグルトディップ、ナスのディップ、スパイシートマトディップ)とたっぷりのオリーブがついてくる。籠には温かいピタの平たいパンが食べきれないほど。
このディップはバンコクの外人用高級スーパーにも出荷しているが、どれも美味しい。わたしのお気に入りはナスのディップ(=メリジャノサラタ)だ。レバノン料理のババ・ガヌーシュととてもよく似ている。

サラダの真ん中にはギリシャ産のフェタチーズの大きな切身が載せられ、トマト、きゅうり、そしてロメインレタス。カラマータオリーブもたっぷり入っていて、シャキシャキと清々しいサラダだ。ハーブドレッシングもさっぱりとしていて口当たりがいい。

クラシック・メッゼとギリシャサラダは、二人で食べるには十分過ぎるほどの量だ。ソーセージは抜いてもよかったかなと思うほど。それでも、「デザートは別腹」は鉄則なので、もちろんわたしの大好きなギリシャ風デザートのバクラヴァを一人分だけ注文した。バクラヴァはハチミツとナッツをパイ生地で来るんだお菓子で、パースでも売っているがトルコ菓子と同じように頭が痛くなるほど甘いことが多い。
用心しながら食べてみて、ビックリしてしまった。頭痛が起きない(笑)。甘いことは甘いが、それが材料の旨みを壊すほどではないのだ。たっぷりのハチミツは水気を含んであくまで爽やか、パイ生地はその水分を吸ってフォークで押すだけでジワジワと蜜が染み出す。ああ、至福の味。

小さな店のことでサービスをしてくれる女性は二人だけだが、忙しいなかキビキビと動き回り、その合間にも微笑みを絶やさない。

ゆっくりと晩ゴハンを楽しんだ後、外に出ると隣のタイ食の店はすでにシャッターが降りている。しんと静かな道に出ると乾季の涼しいそよ風が頬に優しくて、心地よい酔いと満腹感とともに少し歩いてみたくなった。

パース市内のPetition(ペティション)

パース中心地 St. George’s Terrace(セント・ジョージズ・テラス)は、ショッピングで有名な街なかをスワン川に向かって北に2ブロックほど降りたところにある。市庁舎やホテル、大使館などが密集したビジネス街だ。

そこに昨年新しいホテルが誕生した。19世紀の市庁舎を改造して建設されたComo The Treasuryだ。外観はヴィクトリア朝の美しいレンガ造りだが、一歩中に入ると近代的で明るい超高級ホテルである。なぜ「超」がつくかというと、一番小さい部屋でも50平方Mはあり、48室全てのインテリアが違い、しかもその一番小さい部屋が一泊約5万円からだからだ。うーむ。

ホテル内のレストランも開館当時からすでに賑わっていて、わたしも何度か利用したことがある。中でも友達とよく出入りするのがワインバーを併設したPetitionというレストランだ。

2階のWild Flowerよりカジュアルで、内装はどちらかというとカフェに近い。高い天井とむき出しの鉄パイプなどはヴィクトリア朝当時のものをそのまま使っていて、昔の工場のような雰囲気だ。

ここでのお気に入りは、何といってもオーガニックの牛フィレ肉を使ったステーキ・タルタル。一度友達とシェアして食べたが、あまりの美味しさに「次はひとりで一皿注文しようね!」と固く誓いあったほどの味である。

イギリスで狂牛病が流行ったころは、生肉のステーキ・タルタルを注文するひとがいなくなってしまったが、最近ではオーガニックの牛肉を使って復活してきたヨーロッパの定番料理だ。ここのステーキ・タルタルは、ハリッサという中近東のチリペーストを焼いた薄いパリパリとサワークリーム、煎りゴマなどが入っていて、全部混ぜ合わせてからパンと一緒に口に運ぶ。ピリっとしたハリッサの辛さとその歯ざわりの良さが生肉の生臭さを和らげ、生クリームが深みを出していて、もう一皿注文したいくらいである。

お次はマスの刺し身、コールラビ、西洋わさびの一皿。これに炒った蕎麦の実が散らしてある。コールラビというのはカブのような形をしているが、カブのような苦味がなく、どちらかというとキャベツの芯のような歯ざわりだ。そのままでも煮ても食べられる便利な野菜である。薄くスライスしたこのコールラビとマスの刺し身が絶妙な味のコンビネーションだ。

こちらは揚げたアーティチョーク、クレッソン、チャービルのサラダになんとグリーンピースのアイオリソースが敷いてある。アイオリソースというのはニンニクを使ったマヨネーズのことだが、ここに撹拌したグリーンピースを使っていて、ビックリ。

メインは、前回のときに注文した(そして今回はお腹がはちきれそうで、残念ながら注文できなかった)豚の首肉のスロウローストに酢漬けキュウリ。これにセイジとニンニクでローストしたジャガイモを合わせた。口の中でとろけるほど柔らかく煮込んだ首肉は本当に癖になる美味しさだ。ただし、かなり量が多いのでこれだけを注文するのならまだしも、前菜に続いてメインとして完食できるのは、わたしの倍ぐらいの体つきのオーストラリア人男性に限られると思う。

…………

実は、その食事の最中に美しい若い女性とその連れの男性が隣の席に案内された。男性はわたしの隣に座ったが、斜め前の席の女性に見覚えがある。頭の中の記憶をかき回していたら、あった。ステファニーだ。6年前に10年生として教えたことがある生徒だった。つまり、2012年の卒業生だ。11年生のときに日本語を選択しなかったので、上級生のクラスでは教えていない。

あまりこちらを見ないので「忘れているかな」と思ったが、先に食事を済ませたわたしが席をたつときに、「ステファニー?」と声をかけてみた。

彼女の顔がみるみるうちに大輪の薔薇のような微笑みをいっぱいにたたえ、立ち上がると「センセイ!」と抱きついてきた。
「すぐにわかったんですが、センセイが覚えていないかもしれないと思って声をかけられなかったんです!」「教えた子たちの顔と名前はほとんど忘れたことがないのよ。それにステファニーはクラスでもできる子のグループにいて、はっきり覚えていますよ」

今はすでに大学を卒業して、栄養士として働いていると言う。相手の男性はもちろんボーイフレンドだった。12年生のときのダンスパーティーにも彼と一緒に行って、それから離れたことがないらしい。

パースは小さい都市なので、こういう再会がかなり頻繁に起こる。
教師としての歳月が重なるにつれて増えていく教え子たちの成長した姿に、センセイはまたひとつ嬉しいため息をついた。

 

タスマニアへ:ローンセストンの高級中華飯店

正直な話、何日も朝昼晩とずっと食べ続けていたオーストラリア料理に飽きてきた。
いや、不味いというのではないが、どちらかと言うと「醤油だのオイスターソースだのの炒めモノと白飯」という中華が食べたい。

検索して行ってみたのがMe Wahという中華飯店。
わたしがパースでよく行く「少々薄汚れていてうるさくてサービスもよいとは言えなくて、でもとびきり美味い」という店とは少々違っていて面食らってしまった。

エレガントなのである。
ウェイターたちは皆黒いスーツ姿、広々とした店内で食事しているひとたちの間を優雅に動きまわり、笑顔は少々慇懃無礼ではあるけれど親切でサービスも的確だ。白いテーブルクロスはびしっとアイロンが効いているし、ティーポットはパースの店で出されるような茶渋のこびりついて端が欠けているようなものではなく、これだ。

mewah

いや、パースの中華料理の名誉のために付け足しておくと、パースにだって高級中華飯店はゴマンとある。華麗なサービスと文句が言えないほどの至福の料理、支払いの段階になってめまいがするほど高級なレストランも行ったことがある。
だが、失礼ながらどちらかと言うと繁華街からは外れていて、わたしのパースの近所よりはるかにさびれた雰囲気の界隈で、外から見たら何の変哲もないフツウの中華飯店。中に入ってビックリ、である。

注文したのは、まず中華風カキフライ(記事最初の写真)。カラリと揚がっていて、しかも中は柔らかくプリプリの新鮮なカキだ。さすがカキの州、タスマニア。そして、帆立貝のXO醤炒め。何せタスマニアの名物帆立貝を使っているのだから、不味いわけがない。肉厚の大きなホタテをさっと炒めただけ。それなのに、ため息が出るほど美味しい。

mewah3

シーフード入りのオムレツ、オイスターソースかけ。
細かいエビ、イカ、魚などが沢山入っていて、ふっくらした卵焼きだ。白飯が進む。

mewah4

ミックス野菜の炒めもの。
こういうシンプルな炒めものに、店の品位が出ると言っても過言ではない。熱い油でさっと炒めてからニンニク入りの塩だれを絡めてある。

mewah5

しかし、高い。
隣のテーブルに座った6人の学生とおぼしき若い男性たちは、メニューを開いただけで凍りついていた。前菜で2000円前後、メインは3000円から4000円である。それでも長いこと中国語で議論を重ねてからいくつか注文して食べていたが、食べ盛りの6人には少なすぎる量で気の毒になってしまった。

そして、わたしのテーブルの周りにいる「オーストラリアの白人たち」の席には、前菜が運ばれてから主菜になり、それもひとりずつの皿である。完全に洋食サービスのパターンだ。

好奇心が抑えられなくて、後でウェイターに訊いてみた。

つまり、「ワタシは豚肉の蒸した肉まんの前菜で、メインはチキンとカシューナッツの炒めものね」「ボクはカニ餃子で、メインは酢豚」というように別々に注文するひとたち(=あまり中華料理をよくしらないひとたち)には、フツウのオーストラリア料理のようにサービスしているらしい。
そして、わたしのように「コレとコレとコレとコレね。待っている間に、カキフライ。それから白飯。あ、ジャスミン茶じゃなくてポーレイ茶ね」などと全員分を一気に注文してしまうと、中華風に真ん中に全部の皿が一斉に運ばれてくるらしい。

不思議なレストランだ…。
後でパースの友だちに話したら「ああ、そういうサービスをする高級中華飯店で、ものすごく有名なのがメルボルンにあるよ」とのこと。
ふうん。