再び、Kiri Japanese Restaurantへ

イギリスから友達夫婦が来ていて、「美味しい日本料理を食べてみたい」というので、彼らが帰る前にシェントンパークのKiri Japanese Restaurantに「おまかせ懐石コース」の予約を入れてもらった。このレストランにはわたしの誕生日ディナーで友達何人かと一緒に訪れたことがある。

シェントンパークの Kiri Japanese Restaurant

今回はもちろん「夏の懐石料理」とのことで、メニューは全く違うと言われていたので楽しみにしていた。

まず出てきたのが、食前酒としてのユズ酒。懐かしいユズの香りが心地よい甘いお酒だ。

続いて出てきたのは先付け。揚げたスナッパー(鯛の一種)、玉ねぎ、チャイブの甘酢仕立て。パプリカのグリル、シラス、鰹節としょうがに旨味だし。甘辛牛肉のアスパラ巻き。繊細な味付けで、白ワインがすすむ三品だった。

次のお椀はおすましで、柔らかい鴨、コールラビ、焼きネギ、そして茶そば。ユズの香り高いペーストが上に添えられている。ほっとする味。

お向の刺身は、シェフの選んだ新鮮な七種盛りだ。

別盛りで、アワビと帆立貝も添えられた。アワビなんて本当に何年ぶりだろう。美味しい。

お次は焼き物。ナナガイの焼き魚にウナギ。写真がぶれてしまっていて恐縮だが、炭の香りがほんのりとただようしっかりとした魚肉に、ここずっと食べたことがなかったウナギが美味しくて、思わず声が漏れた。

おしのぎは変わっている。自分で皿の上で混ぜるポテトサラダだ。マッシュされたポテト、赤玉ねぎ、セロリ、アボカド、枝豆。そして小さな木製スプーンにはユズの汁、自家製マヨネーズも添えられ、ピスターシオが散らしてあった。こういうミックスもあるのだなあという新しい発見。色々と混ぜてみると、複雑な味わいで楽しい。

メインは本当なら四つの中からひとつを選ぶはずなのだが、今回は小さめにして三品出してもらった。
まずは、イクラを載せた焼き鮭のユズぽん酢。

ヒラマサの煮魚。

そして、大海老を使ったエビ天丼。各種漬物も添えられていた。

ここまでで、わたしたち四人は持ち込みの白ワインを三本空け、さらに追加の白ワインを一本注文していた。酒豪揃いである。

水物は各種フルーツ。ミカンのゼリー、そしてラムレーズンのクッキーサンドだった。さっぱりとしていて、懐石の最後にふさわしいデザートだった。

パースでは正統派の懐石料理を出す日本料理店は少ない。オーストラリア人の好みに合わせ、大皿で現代風のフュージョン料理を出す店が最近では多くなってきた。それも嫌いではないが、やはり時々こうした繊細な味と色と器の共演を楽しみたい。
そして、Kiriではまたも期待を裏切らない料理でもてなされ、わたしたちは満足の笑みと心地よい酔いに身を任せて帰宅したのだった。

プロンポン・MクオーティエのD’ARK

冷たい珈琲のときには必ずブラックで注文する。
オーストラリアではIced Long Black(アイスド・ロングブラック)と言うが、アメリカではIced Americano(アイスド・アメリカーノ)と言うらしい。エスプレッソ珈琲に水を加えたものをこう呼ぶ。タイ・バンコクではアメリカ英語が主流だが、オーストラリアからのカフェもかなり増えているので、Iced Long Blackと呼んでいる場所もあり少々ややこしい。

昔の日本の喫茶店では、店を開ける1時間ほど前に大きなフィルターで大鍋一杯のコーヒーを作り、注文が出るたびにそれを小鍋に移して温めて出したものだ。アメリカンはさらにお湯を加え、底が見えるほど薄くしたものをそう呼んでいた。なんでこんなことを知っているかというと、そういう店で大学生のときにアルバイトをしていたからだ。まだ秋葉原に野菜市場があったころの話である。オタクなんて言葉もメイド喫茶なんて店もなかった。

さて、戻ってバンコクの話だ。
高架鉄道で二駅という近さなので、プロンポンのエンポリアムかその向かいのMクオーティエにはよく行く。エンポリアムの場合は5階のKuppadeli(クッパデリ)でIced Long Blackを、Mクオーティエの場合は1階のD’ARK(ダーク)でIced Americanoを頼むことが多い。

さて、今日はそのD’ARKでヘアカット後の午後を楽しんだ。
最近のバンコクのカフェはエスプレッソマシーンが主流だが、こちらではコールドプレスの珈琲も注文できる。アメリカーノと言えども、きちんとエスプレッソマシーンを使ってエスプレッソをつくってからグラスの氷の上に注ぎ、水を加えている。香りもいいし、味もいい。

隣のひとが美味しそうにケーキを食べていたので、マネをしてわたしもレモンタルトを。

レモンジュースをたっぷりと使って仕上げていて、とろりとしたレモンクリームが美味しい。甘さに加減がないところが日本のケーキと違うが、わたしはこういう甘々のケーキも大好きなのだ。「あんまり甘くなくて美味しいね」という感想はタイやオーストラリアでは賞賛にならない。

この店は美味しい珈琲を提供してくれるが、実は夜になれば酒も食事も楽しめるれっきとしたレストランだ。わたしはまだ夜に来たことはないが、一度は試してみたい料理がメニューに並んでいるので次の機会に必ず。

エカマイの (UN) FASHION Cafe

バンコク・エカマイは最近カフェがずいぶんと増えて、珈琲好きとしては大変楽しい散策エリアとなってきた。

エカマイのソイ10角には「Ekkamai Shopping Mall」という一角があるが、最近ではショッピングというより小さなカフェ、バー、レストランなどが立ち並び、連夜若者たちで賑わっている。数年前からそこには小さなヴィンテージものの革製品を売る店もあるが、その隣に今度はカフェができた。それが (UN) FASHION Cafe(アンファッション・カフェ)だ。

外から見るとまるで誰かの家のような椅子とクッションが散らばっていて、狭い店内はとても居心地がよさそうだ。スタッフは若く英語も達者だ。外の椅子にはアメリカ人の親子が座っていたし、ここには結構外国人も来るのだろう。

何となく古びた椅子やらテーブルやらが置かれ、狭い店内はカフェというよりアンチックショップのような雰囲気だ。隣のヴィンテージ革ショップのオーナーのカフェなので、内装が似ているのは当然なのかもしれない。

珈琲メニューはバンコクの標準的なスタイルで、カフェラテ、カプチーノなどが並ぶ。わたしは冷たいカプチーノを注文し、窓際の席が空いていたのでそこに陣取った。クッションが柔らかくやはり快適な小さな空間。ここならゆっくりと1時間ぐらい本を読んだりメールをしたりできそうだ。

窓際にはホームメイドのケーキが並んでいたので、アップルタルトをひとつ切ってもらった。

しばらく待っていると、温かいアップルタルトのひと切れが生クリームを添えられて出てきた。シナモンがたっぷりとかけられた素朴なヨーロッパ風タルトだ。生地はサクサクとしていて香ばしい。

1階は珈琲とケーキだけだが、狭い階段を上がる2階はダイニングエリアとなっていて軽食も楽しめるらしい。わたしはどちらかというと、知人の古びた家にいるような懐かしい空間の「 (UN) FASHION Cafe」で、今度は文庫本でも持ち込んでゆっくりと過ごしたいと思う。