ソンクランの間はウチごはん、鶏もも肉のマヨポン焼き

バンコクは今ソンクランの真っ只中、外に歩いて出たら必ず水鉄砲を持った近所の子供たちに水をぶっかけられるので、車以外では外出さえできない。
昔はバンコクの中心街では「水掛け禁止」などという警察のお達しが出たが、それも何だか立ち消えになってしまった。それほど、このタイ正月のお祭りは1年に1度の「ズブ濡れ大騒ぎ」の庶民の楽しみだ。

ただし、外国人バックパッカーの多い道沿いでは白人の女の子たちが水を掛け合って、ただでさえTシャツ一枚なのにスケスケのブラジャー丸見えとなることがある。まあ、それを楽しみにやってくる男性たち(タイ人含む)もいるわけで、とうとう「スケスケ禁止令」が出てしまい、スケスケのガイジンがしょっぴかれるという騒ぎまで起きたのは数年前。

チェンマイに住んでいたころには、そりゃわたしだって軽トラの荷台に積んだドラム缶から水をじゃんじゃんと通行人に掛けながら市内を走り回り、おかげでその後1週間風邪で寝込んだことがある。いや、楽しかったけれどもうやりたくない。

そんなわけで、今日はささっと回りを警戒しながらスーパーに行き、買ってきた鶏もも肉でマヨポン焼きの晩ゴハンにした。

まず、鶏もも肉はフォークでブスブスと適当に穴を開けてからビニール袋に入れ、そこに酒、みりん、醤油、生姜のすりおろしを少々多めのマヨネーズと撹拌しながら混ぜたソースを入れる。ぐにゅぐにゅとまんべんなくソースをからめたら、あとは冷蔵庫で1時間ぐらい眠ってもらう。
オーブンは220度、強めの火でグリルして20分ぐらいか。オーブンというものは家とブランドによって適正時間が違うので、フォークを刺して澄んだ肉汁が出たら出来上がりだ。

付け合せはキャベツの千切りと茹でブロッコリにトマト。味噌汁も作ろうかなと思ったが、お腹がすきすぎて断念した。こういうところは臨機応変で。食べるときに刻みネギを散らし、ポン酢をかけて食べる。

さっぱりしているが、焼くときにマヨネーズソースでマリネしているせいで、肉は驚くほど柔らかくコクもある。量が少なかったらフライパンだが、めんどくさがり屋のわたしは冷凍する分も焼きたいのでいつものようにオーブンを使った。

日曜日のランチは自宅のサンドイッチで

わたしは食パンで具を挟んだサンドイッチも好きだが、ヨーロッパ風にバゲットを使ったサンドイッチもよく作る。

こんなものは料理でもなんでもないが、学校に持って行くランチ用は必ず切り目を入れたパンをラップで包んで置き、ハムやキュウリやレタスなどの具は別にタッパーに入れて持って行き、昼休みには「箸を使って」パンに具を次々に挟んでラップで包み直し、かぶりつく。コレを学校でやると必ず不思議そうに見つめる同僚がいるので、「いや、アジア系は洗練されているんで、食事中に(フォークで)突き刺したり(ナイフで)切り刻んだりしないのよね、うん」とすまして言ってやることにしている。

さて、どこかの記事で読んだが、このバゲットを使った「フランス発」サンドイッチ屋が東京にできたとか。お腹もすいたことで、このバゲットを使ったサンドイッチにしよう。

パンはもちろん近所のLa Belleで朝買ってきた焼き立てのバゲット。これを3分の1ほど切ってから、無塩バターを薄く塗り、まずサラダ用のロケットなどのミックスグリーンをひとつかみ詰め込む。そして、モッツァレラチーズは、イタリア食品店で買っておいたコレ。

一昨日一緒に買った生ハムも、丁寧にスライスしてもらったものがまだ残っている。これをどちらも挟んで出来上がり。

柔らかい食パンのサンドイッチもよく作るが、こんな焼き立ての「外側パリパリ、内側フワフワ」の噛みごたえがあるバゲットのサンドイッチはパン自体の風味もよくてとても美味しい。

ただ挟むだけだが、素材がよければ気分もウキウキするようなランチになるのだ。

 

パスタマシーンでつくる「自家製」パスタの世界

冷蔵庫一掃の「残り野菜でつくる…」はわたしの料理とも言えない料理の定番だが、一週間に一度やらないと冷蔵庫はパンパンになってしまう。
ただザクザクと切ってチャーハンに混ぜたり、さっとローストしてオリーブオイルとレモン汁とディジョン・マスタードで和えたり、塩コショウで炒めただけで仔牛肉の薄いステーキに添えたり、色々と工夫はしている。

ところが去年パスタマシーンを買ったおかげで、パスタだけは自分でつくって残り野菜を合わせるなどということが増えた。このパスタづくりというのは、結構楽しいものである。いや、パスタ「づくり」などと言っても、これは粉と水と卵をあわせて容器にセットするだけだ。後はマシーンがしばらくこねてくれて、後は音が変わると「にゅるりにゅるり」と生パスタが小さな穴を通して出てくるのだ。いとも簡単。
そりゃセモリナ粉と普通の小麦粉の分量は試行錯誤の繰り返しだが、それでもできたてのパスタというものは非常に美味しい。

最初につくったのは極普通のスパゲッティーだった。コネが終わるとこんなふうに出てくる。適当なところでさっと切りながら出て来るのを待つのは…実はとても楽しい。

この生パスタを使って魚介類(イカ、海老、ムール貝)のスパゲッティーに。

次に試したのがラビオリ。こちらは丸い円に区切られた部分からニョロリと出て来るので…初めて見たときには「ポルノ映画に出てきそうな奇怪な形」にビックリしてしまった。

気を取り直してそれを伸ばし、冷凍の海老とほうれん草を解凍してみじん切り。その具で包んだのがこちら。大玉の卵を使ったため、何だか色がイヤに黄色いが味には問題なし。

そして、土曜日に新たに購入したのが、このカッペリーニ用のシェイピングディスクと呼ばれるパーツ。スパゲッティー用より穴が小さいので、細麺のカッペリーニ(別名エンジェルヘア)ができるのだ。

今晩はこれを使って、いつもの冷蔵庫一掃だ。ズッキーニ、ニンジン、ナス、赤ピーマン、マッシュルーム、アスパラガスなど、全部中途半端な量の残り野菜を全て荒く切り、天板に並べてオリーブオイルスプレーをかけてから180度で焼き色が着くまで焼く。
その間にトマトソースだ。パサータと呼ばれるホールトマトを潰した瓶が売っているので、トマトを潰す手間が省けるので最近はこれを使っている。鍋にオリーブオイルを熱し、潰したニンニク痛めて香りが出たらそのトマトソースを入れ、塩コショウしてひと煮立ち。
ローストした野菜を加えて、軽く混ぜる。

さて大鍋に湯をグラグラと沸かし始めたら、最後にカッペリーニをつくる。生パスタは茹で上がりが2−3分と早いので、最後にしておかないと他のことをやっている間にぐんにゃりしてしまうからだ。パスタはあくまでアルデンテなのである。

いい具合に細麺が出てきて、嬉しくなってしまった。ソースのからみがいいので、わたしはこのカッペリーニが大好きだ。
そして、出来上がったのが冒頭の「残り野菜のカッペリーニ」。ソースをかけて庭からむしってきたバジルの葉を散らし、パルミジャーノチーズを削る。

シンプルだけれどローストした野菜の旨みとカッペリーニがからまりあって、うん、美味しい。

(注:パスタというのはイタリアの麺類の総称で、スパゲッティーもラビオリもカッペリーニもその一種です)

Save

Save